看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 人工透析科

看護師転職・求人の診療科目別 人工透析科

看護師転職・求人の診療科目別 人工透析科 ある日のタイムスケジュール

人工透析科というのは、看護師の転職先としてとても人気があります。
というのも、休みがしっかりと取れる上にお給料がいいのです。
夜勤も基本的にはないところが多いので、そういった部分も転職先としての人気につながっているのでしょう。
ここでは、実際に人工透析科で働いている看護師の方のタイムスケジュールを一例として挙げてみたいと思います。
日勤のみのタイムスケジュールになります。

7時00分 起床
病院は家からそこまで遠くないのですが、早めに起きてゆっくりと準備をします。バタバタすると仕事でも余裕がなくなってしまうので、余裕を持って過ごせるようにしています。朝ご飯もしっかりと食べておきます。

8時00分 出勤
出勤です。すぐに着替えて機器の準備をしていきます。プライミングをおこなって透析準備をします。

8時15分 申し送り
申し送りと役割分担等の調整をおこなっていきます。

8時30分 患者さんの体重測定
患者さんの体重測定をします。順番に穿刺を開始して、透析中にはフットケアや健康相談などをおこなっていきます。

10時30分 休憩
10時30分から11時00分まで、11時00分から11時30分まででそれぞれ交代で休憩をとります。この30分の休憩でお昼ご飯を済ませておきます。

12時00分 順次返血を開始
順次返血を開始します。ベッドが空いたら午後の患者さんの穿刺を開始していきます。

14時00分 休憩
14時00分から14時30分、14時30分から15時00分までの間で交代で休憩をとっていきます。お昼ご飯は食べているので、そこまで優雅なものではないもののティーブレイクという感じです。

15時30分 順次返血を開始
順次返血を開始していきます。

16時30分 遅番以外は勤務終了
患者さんが問題なく透析を終えて帰宅されれば、この時間で勤務は終了となります。ただ、止血が確認できない場合や血圧が低い、患者さんが不快を訴えているといった不安定な場合には、その症状が改善するまで看護師は帰ることができません。最悪の場合には入院となることもありますので、そうならないように透析開始前の除水量の決定や透析中の状態観察などを的確におこなっていく必要があります。

18時00分 帰宅
スーパーやコンビニなどで買い物をして帰宅です。家に帰ってからはゆっくりして、早めに寝てしまいます。

人工透析科への転職というのは、専門的な知識や技術を身につけることができます。
また、人工透析科であれば危険手当がつきますので、夜勤がないわりにはお給料がいいというのもメリットになってくるでしょう。
基本的には患者さんのペースに合わせた看護をすることができますし、おこなう処置も決まっています。
覚えてしまえば、仕事というのはかなり楽になるでしょう。
休みもとりやすいですし、看護師の転職先として高い人気を誇っているのもうなずけます。

看護師転職・求人 診療科目別 人工透析科 転職・求人先と仕事内容

人工透析科の求人先ということですが、需要が高まっている診療科になりますので求人先は豊富です。
人工透析科のクリニックはもちろん、病院に併設されている透析センター、透析外来といったところでの求人もあるでしょう。
人工透析に関してはご存知の方も多いでしょうが、「血液をろ過して体内に戻す」という作業をおこなっていくことになります。
人工透析科で働く看護師は、透析器械の操作はもちろん、患者さんの全身状態の管理やシャントなどをメインにおこなっていくことになります。
人工透析科における患者さんというのは、結構クセの強い方も多いです。
そのため、そういった患者さんともうまくコミュニケーションをとっていかなければいけません。
人工透析科では、腎臓が十分に機能しない患者さんに対して、透析をおこなっていきます。
人工透析が必要と診断された患者さんは、その腎機能の程度に応じて、来院して透析を受けることになります。
そのため、基本的にはほとんどの患者さんが定期的に来院することになります。
新たな説明などはすることなく、バイタルチェックなどをした上で透析をおこなっていきます。
実際の透析は機械がおこなうことになりますので、看護師は針を刺す穿刺をおこなっていきます。
透析では透析前の体重測定から始まります。
体調の変化がないか、排便状況などの簡単な問診をおこない、バイタルサインチェック、ドライウェイトと測定した体重をもとにその日の除水量を算出していきます。
透析機器への入力をし、穿刺部位と留置に問題がないかを確認して、ようやく透析開始となります。
ルートを固定し患者さんの環境を整えつつ自覚症状に変化がないか、バイタルサインも測定しながら5分ほどはベッドサイドで観察をおこなっていきます。
問題がなければ次の患者さんのところへ行きます。
患者さんの血圧が突然低下して意識を失ってしまうこともありますので、ラウンドして患者さんの様子を観察していきます。

看護師転職・求人 診療科目別 人工透析科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

人工透析科への転職にあたってのアドバイスということなのですが、まずはしっかりと求人を見極めていきましょう。
クール数が少ないところや臨床工学技士の数が多いところ、危険手当があるところはより安心して働けるかと思います。
基本的に医療の現場では、心の余裕が必要になってきます。
しかしながら、人工透析科では透析の開始と終了の時間がもっとも忙しくなります。
同じクールの患者さんは開始時間が重なることも多くなりますし、当然、終了時間も重なることが多くなります。
クール数が多くなると心の余裕というものが持てなくなってしまう可能性があります。
だからこそ、なるべくクールが少ないところを選んだほうがいいのです。
これは看護師自身のためでもありますし、患者さんのためでもあります。
また、人工透析科では透析機器の管理やシャント穿刺など臨床工学技士の方と一緒に仕事をすることが多くなります。
透析中に透析機器の不具合が突然起きることも当然考えられるのですが、そういったときには臨床工学技士の方がすぐに対応してくれます。
臨床工学技士は、透析だけでなくその他の生命維持装置の管理を業務としていますので、人工透析科には欠かせない存在といっていいでしょう。
だからこそ、人数が多いところのほうが働きやすくなるのです。
そして、人工透析科では穿刺をはじめとして血液を扱うことが多くなりますので、事故が起こりやすくなります。
そのため、危険手当がつくことが多いのですが、場合によってはつかないところもあります。
もちろん、事故を起こさないように日々勤めることも大切ではあるのですが、やはり万が一のことを考えると危険手当のついているところのほうがいいでしょう。
一方で、人工透析科の求人では、勤務時間が遅い、透析室に常勤の腎臓内科のドクターがいないといったところは避けたほうがいいでしょう。
患者さんの中には仕事が終わってから透析に通院するという方もいれば、寝る時間を利用して透析を受けるという方もいます。
基本的に人工透析科では夜勤というのはあまりないのですが、そういった患者さんに対応しているところではやはり夜勤が発生してきます。
夜勤ができないという方は事前にしっかりと確認しておきましょう。
また、透析室に常勤で腎臓内科のドクターが在籍していないと患者さんにとってはドクターがコロコロと変わって不安になります。
患者さんに寄り添った看護というものを意識するのであれば、やはり患者さんにとって安心できるところを探すべきです。
実際に常勤のドクターがいないと、看護師は緊急の際にすぐ指示を仰ぐことができません。
常勤のドクターを含めて、スタッフ体制というものを入念にチェックしておきたいものです。
求人に応募する前から入念なチェックが必要なのですが、実際に面接を受ける際にもやはりいくつかチェックしておきたいポイントがあります。
まずは、教育体制です。
いくら看護師としての経験が長くとも、初めての人工透析科ということであればやはりわからないことも多くなるでしょう。
未経験の方にとっては教育体制というのが重要なポイントになってきます。
機械の取り扱い方といった当たり前の指導はもちろんありますが、徐々にステップアップできるような教育体制であれば安心でしょう。
教育体制と合わせて確認しておきたいのが資格取得の支援です。
人工透析科でキャリアアップしたいと考えている方であれば、資格取得の支援というのは大きなポイントになってきます。
透析認定看護師や透析療法指導看護師、フットケア指導士などの資格がありますので、人工透析科で具体的なキャリアアップを目指している方であればこういった資格取得にあたっての支援が得られるのかを確認しておきましょう。
資格取得のためには、勤務時間やシフトの調整などの面でも協力してもらう必要があります。
あとは、面接のときだからこそ、実際に現場で働いているスタッフの方の様子をチェックしておきましょう。
ベッド数に対して働いている看護師が少ない、全体的にバタバタしているといったところは避けたほうがいいかもしれません。
そういったところ以外でも、自分が希望している看護ができそうかというところもチェックしておきたいものです。
そして、残業です。
基本的に看護師であればどこの診療科であっても大なり小なりの残業は発生するものです。
人工透析科ではその業務の性質上、通常であればそこまで残業は発生しないと思われますが、患者さんの容態が急変する可能性というのはいくらでもあります。
だからこそ、残業がどれくらいあるのか、そしてその残業に対して残業代はどのくらい支給されるのかといったところも具体的に確認しておきましょう。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング