看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 小児外科

看護師転職・求人の診療科目別 小児外科

看護師転職・求人 診療科目別 小児外科 ある日のタイムスケジュール

仮に、小児外科へと転職した場合、どのような1日を過ごすことになるのでしょうか。
ここでは、実際に小児外科で働いている看護師の方のタイムスケジュールを一例として挙げてみたいと思います。
まずは、日勤の場合のタイムスケジュールです。

6時30分 起床
早めに起きて、朝ご飯をしっかりと食べておきます。

7時20分 患者さんの情報整理
定時よりも早めに病棟に入ります。そして、患者さんの情報を整理していきます。ミルクの時間がいつで何回なのか、離乳食は何を食べているか、ネブライザーにはどんな薬を使っているかなどケアに必要なことをすぐに確認できるよう、自分用のメモに転記していきます。

8時00分 勤務時間開始
勤務時間の開始です。全体の申し送りをおこないます。

8時20分 ファーストラウンド
全体の申し送りが終わったら、ファーストラウンドです。患者さんの呼吸や睡眠状態、オムツなどをチェックしていきます。ベッドサイドにある掲示記録に記入するのも忘れないようにしておきます。

8時50分 個別の申し送り
ラウンドが終わったら、個別の患者さんの申し送りがおこなわれます。患者さんの状態や気をつけるべきポイントなどを細かくチェックしていきます。ショートカンファレンスもおこなわれます。

9時00分 ラウンドや食事、お風呂など
またラウンドです。ミルクや離乳食をあげたり、体重を測ったり、お風呂に入れたり、ネブライザーをかけたり、オムツを替えたりとテキパキとこなしていきます。スピーディーに、でも丁寧におこなっていきます。

10時00分 プレイの時間、ラウンド、お風呂など
おもちゃがたくさん置いてあるプレイルームがありますので、子どもたちをそこへ移動させます。ここでは保育士さんに子どもたちを託します。その間、看護師はまだ遊べない子どもたちをお風呂に入れたり、ケアしたりします。時間があれば、プレイルームで一緒に子どもたちと遊ぶこともあります。

11時00分 休憩
11時00分から12時00分、12時00分から13時00分でそれぞれ交代で休憩をとります。時間が前後することはありますが、基本的にしっかりと1時間休憩をとります。

12時00分 申し送りやラウンド、食事
申し送りを受け、子どもたちの昼食の準備をします。声を掛け合いながらそれぞれがテキパキと業務をおこなっていきます。

13時00分 申し送りやラウンド、オムツ交換など
申し送りをして、ラウンドをしたり、ミルクをあげたり、オムツを替えたりします。時間をみて記録をつけることもあります。

14時00分 インアウトバランス管理や申し送りなど
インアウトバランス管理を締めたら、リーダーへ報告します。さらに、患者さんひとりひとりの状況を申し送りします。その後、ラウンドして、患者さんの状況をチェックしていきます。

15時00分 ご家族と会話
面会時間が始まると、患者さんのご家族がいらっしゃいます。何をして遊んでいたかといったことをはじめ、日常生活の様子を詳しくお話ししていきます。ご家族を安心させるという意味もありますが、情報交換の意味もあります。

16時30分 勤務時間終了
勤務時間は終了ですが、基本的には残業をすることになります。記録を書いたり、モニターを確認したり、アセスメントやプランの見直しをしたりすることもあります。

17時00分 業務終了
残業を終えて、業務終了です。もっと残業が長引くこともあります。

18時00分 帰宅
帰宅したら、ゆっくりと休みます。

次に、夜勤のタイムスケジュールについてです。

16時30分 申し送り
日勤の方から申し送りを受けます。

17時00分 環境整備
環境整備をおこなっていきます。

18時30分 食前の配薬
患者さんの薬を準備していきます。

19時00分 処置
点滴や配膳、オムツ替え、日勤業務の引き継ぎなどをおこなっていきます。

21時00分 消灯
消灯時間です。寝かしつけもおこなっていきます。

22時00分 交代で仮眠
交代で仮眠をとっていきます。ラウンドもしていきます。夜泣き対応はもちろん、授乳や緊急入院の受け入れ、物品チェックと補充といった業務もおこなっていきます。

6時00分 点灯
モーニングケアをおこなっていきます。

7時00分 食事配膳や介助
朝ご飯の時間です。もちろん、食事の介助もおこなっていきます。

8時00分 看護記録
看護記録をおこなっていきます。

8時30分 申し送り
日勤の方への申し送りをおこない、夜勤は終了となります。

小児外科への転職では、いろいろなメリットがあります。
まず、子どもと常に触れ合えるというのが大きなメリットになってきます。
子どもの成長力や明るさというのは、それだけでパワーを与えてくれるものです。
子どもが元気になっていく姿を見ると、やはり感動しますし、やりがいも感じられます。
やはり働いているうちに「子どものために頑張ろう!」と思える看護師の方が多いようです。
子どもが好きな方にとっては、これ以上モチベーションの高まる場所はないでしょう。
また、小児外科ではさまざまな病状に対して幅広い知識を身につけることができます。
そのため、看護師としての実力がアップしていきます。
実際に小児外科ではさまざまな部位の疾患や怪我を扱いますし、子どもの看護というのはデリケートなものです。
大人相手の看護よりもより高度なものが求められるといってもいいでしょう。
特に、子どもはやはり自分の言葉で症状についてうまく伝えるということが難しい傾向にあります。
だからこそ、看護師が少しの異変も見逃さないようにしなければいけません。
その観察眼が養われるというのも大きなメリットです。
さらに、小児外科では赤ちゃんから思春期の子どもまで、さまざまな年代の子どもを対象としています。
幅広い年代の子どもを対象としているからこそ、その時々で適切な対処ができるようになります。
そして、小児外科だからこそ小児外科の専門知識が得られます。
これも大きなメリットになってくるでしょう。
大人の疾患や怪我とは違うケースも多いので、それだけでひとつひとつの経験に大きな価値が出てきます。

看護師転職・求人 診療科目別 小児外科 転職・求人先と仕事内容

小児外科の求人先ということなのですが、基本的に小児外科は大学病院などの大規模な病院にしかないことがほとんどです。
一般病院では小児科の中の一部ということで、小児外科の疾患を扱っているところもあります。
小児科であれば求人は見つけやすいのですが、小児外科となってくると求人を見つけるのも少し大変になってくるかもしれません。
小児外科での仕事内容なのですが、おそらく外科という部分から子どもの怪我の治療をイメージする方も多いのではないでしょうか。
確かに、子どもの怪我も治療していくのですが、実際には内臓の手術や腫瘍などの治療もおこなっていきます。
子どもの体というのは大人より小さいだけではなく、その成長段階によってもさまざまな違いが出てくるものです。
だからこそ、本当に子どもひとりひとりに合った看護や治療が求められることになります。
子どもの体についての幅広い知識はもちろん、本当に頭から爪先までありとあらゆる病気に関する知識も必要になってきます。
また、ご家族の精神的なケアも看護師の仕事になってきます。
子どもの怪我や病気となってくると、本人以上に親御さんが心配するのは当たり前です。
親御さんを含めたご家族の精神的なケアも必要になってきます。
ナーバスになっている親御さんが少しでも安心できるように十分な説明、フォローをしていきます。
もちろん、子どもへの精神的なケアもおこなっていきます。
仕事自体は他の診療科とそこまで変わることはないのですが、相手が子どもであるということを常に意識しなければいけません。
子どもだからこそ痛みへの恐怖感が大きいですし、血管も細いです。
痛みを感じさせないような技術面での向上はもちろん、病院で楽しく過ごせるような工夫も必要です。
そして、子どもは体の変化についてうまく伝えられないので、細かな変化を見逃さないように観察するのも看護師の仕事です。

看護師転職・求人 診療科目別 小児外科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

小児外科への転職にあたってのアドバイスなのですが、まず小児外科に限定した求人は、実はそこまで多くありません。
小児科全般の求人はよく見かけるのですが、小児外科に限定するとかなり少なくなります。
そもそも小児外科のある病院が少ないので、これはある意味では仕方のないことです。
もし、小児外科の求人を見つけたら、その病院の得意としている診療分野についてチェックしておきましょう。
ホームページをチェックして、具体的にどのような治療がおこなわれているのかも確認しておきたいところです。
ホームページに求人情報が出ていることもあります。
ただ、小児外科のある大規模な病院や大学病院では、ホームページで募集しているところはそう多くありません。
その点は注意しておきましょう。
また、小児外科への転職を希望するのであれば、やはり「なぜ小児外科なのか」というところを改めて考えてほしいと思います。
ただ子どもの看護をしたいだけであれば、小児外科である必要はありません。
もともとの求人が少ないこともあり、小児外科への転職はそう簡単なものではありません。
だからこそ、自分の気持ちを改めて確認することも大切なのです。
先では小児外科は子ども好きな方にはたまらない診療科であるといった話をしたのですが、だからといって子どもが好きという理由だけでは勤まりません。
子どもが好きだからこそつらい場面に遭遇することもあります。
さまざまな症例を目の当たりにするからこそ、子どもが好きという以外に小児外科への適性があるのかを確認しておきたいところです。
自分の気持ちや適性をしっかりと確認した上で、小児外科への転職を成功させていきましょう。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング