看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 心臓血管外科

看護師転職・求人の診療科目別 心臓血管外科

看護師転職・求人 診療科目別 心臓血管外科 ある日のタイムスケジュール

心臓血管外科への転職を考えている看護師の方も多いことでしょう。
何となく想像がつくという方もいるでしょうが、心臓血管外科というのは結構忙しい診療科になります。
ここでは、実際に心臓血管外科で働いている看護師の方のタイムスケジュールについてご紹介していきたいと思います。
まずは、日勤のタイムスケジュールについてです。

7時00分 起床
早めに起きて、朝ご飯をしっかりと食べておきます。

8時00分 出勤
病棟に行って、患者さんの状態をチェックしていきます。

8時30分 申し送り
患者さんの人数やその状態について申し送りを受けます。

9時00分 清拭や処置
患者さんに声をかけて回り、入浴できないような重症の方の清拭や術後の方のガーゼ交換などをおこなっていきます。

11時30分 休憩
11時30分から12時30分、13時から14時に交代で休憩を取ります。忙しいと本当にお昼ご飯を食べるだけになることもあります。

12時30分 カンファレンスや検査出し、手術介助など
短時間でカンファレンスをおこない、検査の指示が出ている患者さんを検査に出していきます。手術の介助などもおこなってきます。いろいろなことをおこなっていきますので、午後からのほうが忙しいかもしれません。

17時30分 勤務終了
勤務終了の時間ではありますが、この時間ぴったりの終わることはほとんどありません。看護記録や記録表を書くために残業をします。

18時30分 病院を出る
残業を終えて、帰宅します。

19時30分 帰宅
帰宅です。ゆっくり休みたいところですが、帰ってからも勉強をすることが多いです。

次に、夜勤のタイムスケジュールについてご紹介していきましょう。

16時00分 出勤
病棟に行き、患者さんの状態をチェックしていきます。

17時00分 申し送り
日勤の方から申し送りを受けます。日中の患者さんの様子をしっかりと把握しておきます。

17時30分 点滴やナースコール対応など
患者さんに声をかけて回りつつ、指示が出ている患者さんには点滴をおこなっていきます。もちろん、ナースコールが鳴ればそれにも対応していきます。

23時00分 患者さんの様子をチェック
オムツ交換などをしながら、患者さんの様子をチェックしていきます。

23時30分 仮眠
この時間から夜勤者は交代で仮眠をとっていきます。

1時00分 ナースコール対応
ナースコールの対応をしていきます。ナースコールの頻度はその日によって違うのですが、頻繁になるときには仮眠を十分にとることはできません。しかも、患者さんが急変することもありますので、体力的にも精神的にも大変です。

9時00分 勤務終了
勤務終了の時間ではありますが、やはりこの時間ぴったりに帰れることはほとんどありません。残業して記録を書いていきます。

10時30分 病院を出る
残業を終えて、病院を出ます。寄り道せずに家に帰って体を休めます。

心臓血管外科への転職というのは、いろいろなメリットがあります。
まず、医療の最先端の手術を本当に目の前で経験できるということです。
心臓や血管に関する疾患というのは、思っている以上に種類が多いものです。
しかも、そういった疾患の手術というのは、大手術になることも少なくありません。
緊急入院や緊急手術も必要になりますので、臨機応変に対応することが求められます。
心臓血管外科で働いていれば嫌でもこのあたりは身についてくるものですし、当たり前のことですが心臓や血管の疾患に関する看護キャリアを積むこともできるのです。
心臓血管外科では、本当に日々が勉強です。
心電図はもちろん、術後管理やペースメーカー、カテーテルなど、学ぶことがとにかく多いです。
実際に、心臓血管外科で働いて初めて心電図の波形が読めるようになったといったケースもあります。
勉強することが多いからこそ、身につけられるものも多いのです。
あと、心臓血管外科では患者さんの社会復帰まで見届けることができるのも魅力です。
もちろん、すべてのケースがうまくいくというわけではないのですが、患者さんの手術やその後の治療がうまくいけば、社会復帰までは比較的スムーズです。
どうなるかわからない状態だった患者さんが社会復帰していく姿を見るのはやはり感動しますし、これがやりがいにもつながってきます。
心臓血管外科では、難易度の高い手術の介助をすることもあります。
かなりの緊張を感じるのですが、だからこそ手術が成功したときにはとても大きな達成感を得られます。
さらに、言うまでもなく看護師としてのキャリアアップができます。
心臓血管外科では自分から積極的に勉強をすることも必要なのですが、実践の中で学ぶという機会もかなり多くなってきます。
実際に、看護師としてのキャリアアップのために心臓血管外科への転職を考える方も多いようです。
心臓血管外科の看護師であれば、慢性心不全看護認定看護師や循環器専門ナースなどの資格を取ってさらなるキャリアアップを目指すことができます。
もっと上へ上へという気持ちがある方は、その気持ちを思う存分活かすことのできる診療科です。
そして、心臓血管外科というのは他の診療科と比べるとお給料もやはりいい傾向にあります。
心臓血管外科では手術室での介助も多くなりますし、どうしても忙しくなります。
そのため、それがお給料に反映されるのです。
お金がすべてというわけではないものの、頑張った分がお給料で返ってくるのはありがたいところです。

看護師転職・求人 診療科目別 心臓血管外科 転職・求人先と仕事内容

心臓血管外科の求人先についてですが、心臓血管外科というのはそのほとんどが大学病院や総合病院などの大規模な病院にあります。
そのため、求人先も大学病院や総合病院などになります。
場合によっては病院のホームページに募集が出ていることもあります。
心臓血管外科の仕事内容についてですが、主に手術が必要な心臓や血管に関する疾患を扱うことになります。
察しがつくでしょうが、そのほとんどが手術での治療になります。
虚血性心疾患や弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離などが主な心臓血管外科で扱う分野になるのですが、看護師の主な仕事は術後管理になります。
心臓血管外科では毎日のようにバイパス術や弁膜症手術などの手術がおこなわれることになります。
看護師は手術の介助もおこなっていきますが、術後管理をメインに仕事をしていくことになります。
胸腔ドレーンや心嚢ドレーン、縦隔ドレーンなどのドレーン管理はもちろん、手術創のチェック、心電図異常の早期発見などもおこなっていきます。
当たり前のことですが、緊急手術となることもあります。
予定外の手術にもしっかり対応しなくてはいけませんし、目の前で患者さんの容態が急変したり亡くなったりすることも受け止めていかなければいけません。
手術によっては、術後は集中治療室でしばらくケアをするというケースもありまし。
その際の看護は、集中治療室の看護師がおこなうのですが場合によっては病棟看護師と協力しての看護となることもあります。
1分1秒を争う手術室でスピーディーに手術介助することや患者さんの急変への対応というのは、精神的にもかなりの負担になるでしょう。
ただ、だからこそ看護技術が磨かれるのです。
看護師としてのキャリアというものを高めていきたいと思っているのであれば、心臓血管外科はやはり一度は経験しておきたいところです。

看護師転職・求人 診療科目別 心臓血管外科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

心臓血管外科への転職にあたってのアドバイスということなのですが、心臓血管外科というのは本当に看護師としてのキャリアアップには最適の診療科です。
ただ、その分、体力面でも精神面でも負担は大きいです。
もし、「お給料がいいから」という理由だけで心臓血管外科への転職を考えているのであれば、やめておいたほうがいいと思います。
心臓血管外科では特に急変する患者さんも多いですし、本当に毎日まったく気を抜くことのできない診療科なのです。
覚えることも多いですし、勉強することも多いです。
残業も多くなりやすいですが、その分、やりがいがあります。
感動や達成感といったものをよりいっそう得られる診療科でもあるのです。
しかも、心臓血管外科でのキャリアを積むことによって、その後、どこに行っても活躍できるような看護師へとレベルアップすることができるのです。
心臓血管外科へ転職するのであれば、夜勤や残業は当たり前と思っておきましょう。
最近ではワークライフバランスといったものを重視する方も多くなっています。
もちろん、それを求めることは決して悪いことではないのですが、心臓血管外科ではそういったものを求めるのは難しいです。
小さなお子さんを抱えているという看護師の方にも厳しい部分はあるかもしれません。
ご家族のサポートが得られるのを確認した上で、心臓血管外科への転職をおこなっていきたいところです。
あと、心臓血管外科では手術が多くなります。
看護師はその手術の介助をすることになりますが、中には本当に大手術となるケースもあります。
だからこそ、スピーディーな対応が求められますし、ちょっとしたミスも許されません。
手術室での勤務に抵抗がある方は、心臓血管外科への転職は考え直したほうがいいでしょう。
また、当たり前のことなのですが、コミュニケーションスキルも大切です。
心臓血管外科での手術はチームでおこないます。
ドクターはもちろん、スタッフさんとのコミュニケーション、患者さんやそのご家族とのコミュニケーションも十分におこなっていかなければいけません。
このように、心臓血管外科というのは特に忙しい診療科です。
だからこそ、転職にあたってはそれを理解した上で、労働条件の確認もしっかりとおこなっていくようにしましょう。
特に、有給休暇を取る制度が整っているかといったところは大切です。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング