看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 放射線科

看護師転職・求人の診療科目別 放射線科

看護師転職・求人の診療科目別 放射線科 ある日のタイムスケジュール

看護師の方の中には、放射線科への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。
放射線科というと、やはり「かっこいい」というイメージを抱く方も多いようです。
一般的に看護師には夜勤がつきものという認識があるのですが、放射線科では基本的に日勤のみとなります。
ここでは、一例として実際に放射線科で働いている看護師の方のタイムスケジュールを挙げていきましょう。
日勤のみで夜勤はないという方のタイムスケジュールになります。

7時00分 起床
早めに起きて、朝ご飯をしっかりと食べておきます。準備は前日に済ませてあるので、基本的に朝は着替えやご飯だけになります。

8時00分 出勤
出勤です。朝早くから来られる患者さんもいらっしゃいますので、すぐに仕事を始めます。ドクターや放射線技師の介助をおこないます。検査前後の介助はもちろん、患者さんの体位の調整や説明をおこなっていきます。

12時00分 休憩
12時00分から1時間休憩です。基本的に休憩時間が短縮されることはほとんどありません。お昼ご飯を食べた後には、ゆっくりと過ごします。

13時00分 昼の業務
基本的には午前中の業務とそう変わりはありません。ドクターや放射線技師の介助、検査前後の介助、患者さんの体位の調整や説明などをおこなっていきます。当たり前のことですが、患者さんはやはり不安を感じていらっしゃる方が多いので、精神的なケアもおこなっていきます。

17時00分 業務終了
業務終了です。患者さんの受付のタイミングによっては、検査によって時間が延びることもあるのですが、そこまで大幅に業務時間が延びることはありません。だいたい17時には業務を終えることができます。

18時00分 帰宅
必要な場合には、帰宅途中にスーパーなどで買い物をして帰ります。家では基本的にゆっくり過ごして、翌日の準備を夜のうちに済ませておきます。

放射線科で働く看護師のメリットとしては、基本的に日勤のみで残業も少ないという部分でしょう。
仮に患者さんが入院していても、わざわざ夜中に検査をおこなうといったことはありません。
同じく、夜中に放射線治療をおこなうこともありません。
そのため、放射線科の看護師の仕事は基本的に日勤のみとなるのです。
日勤のみだからこそ、プライベートも充実させることができます。
日勤のみで緊急での検査や治療が入らない限りは、残業もほとんど発生しません。
しかも、放射線科というのは専門領域です。
お給料が高めに設定されているところも少なくありませんので、時間的にも経済的にもプライベートを充実させることができるのです。
放射線科で実際に検査をおこなうのは技師になるのですが、看護師はその前後に患者さんやそのご家族に対して十分な説明とケアをおこなっていくことになります。
そのため、検査内容はもちろん、検査機器などについての詳しい知識が求められます。
特に、最近では「放射線」というものに対して過剰反応する方も多くなっています。
そういった方に対しては、やはりその安全性について十分な説明ができないと不安を抱えたままになってしまいます。
看護師自身が放射線や機器についての十分な知識を持ち、それを素人である患者さんやそのご家族にわかるように説明しなければいけません。
大変かもしれませんが、放射線についての高い知識と経験が身につくというのは、やはり放射線科ならではの魅力です。
常に最新の技術についても勉強することになりますので、やりがいも感じられるでしょう。
放射線治療の看護師になると、放射線に関する知識はもちろん、がん看護についてのスキルも身に着けることができます。
こういった部分もメリットになってくるでしょう。

看護師転職・求人 診療科目別 放射線科 転職・求人先と仕事内容

放射線科の求人先なのですが、基本的には放射線治療やIVRをおこなっている大規模な病院か、逆にそういったものをしていない小規模な病院かという感じになってくるかと思います。
もともと放射線科の診療は、3つの部門にわかれることになります。
ひとつが放射線診断部門です。
放射線診断には、CTやMRI、レントゲンなどの画像診断だけではなく、IVRを用いての血管塞栓術による緊急止血、ステント留置による血管拡張術、血栓溶解、肝細胞がんの治療などをおこなっていくことになります。
もうひとつが核医学検査部門です。
核医学では、心疾患や脳血管障害の診断に役立つSPECTやがんを早期発見できるPETなどをおこなっています。
そして、最後のひとつが放射線治療部門です。
この放射線治療では、がんや一部の良性腫瘍に放射線を照射して治療をおこなっていきます。
レントゲンやCTは、内科や外科を問わず必要になってくるものです。
それに、放射線治療はがん治療の3本柱のひとつを担っています。
放射線科はすべての診療科を支えているといっても過言ではないでしょう。
基本的に放射線科は外来のみで病棟を持っていません。
もちろん、IVRを受ける患者さんは入院する必要が出てくるのですが、放射線科に入院するわけではありません。
それぞれの疾患に適した診療科に入院することになります。
だからこそ、放射線科の看護師は外来勤務のみとなるのです。
放射線科の看護師は外来勤務のみになりますので、一般的な病棟での業務はおこないません。
基本的には、ドクターや放射線技師の業務を介助していくのが仕事です。
レントゲンやCT、MRIなどの検査では、検査前後の介助はもちろん、患者さんの体位の調整、患者さんへの説明などもおこなっていきます。
IVRの介助では、物品や薬剤の準備をしてドクターの治療の介助をおこないます。
それらに加えて、患者さんのモニタリングや感染管理にも注意していきます。
もちろん、患者さんの精神面を気遣ったコミュニケーションというのも必要になってきます。
IVRを担当する場合には、手術室の器械出し担当と外回り担当の業務をひとりでおこなっていくような感じです。
放射線治療では、がんを抱えている患者さんの精神的なケアはもちろん、放射線治療による副作用の予防や緩和にも努めていきます。
患者さんにとって安全で、患者さんが不安を感じない治療というものを意識していくことになります。
ドクターや放射線技師の介助がメインということで、安心している方もいるかもしれません。
しかしながら、物品や薬剤の準備、介助などだけではなく、患者さんの精神面のケアなども重要になってきます。
放射線科の治療に関する専門的な知識も求められますので、甘く見ているとそのハードさに驚くことになるかもしれません。

看護師転職・求人 診療科目別 放射線科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

放射線科への転職にあたってのアドバイスということなのですが、同じ放射線科であってもどのような治療をしているかによって、看護師の業務内容というのは大きく変わってきます。
だからこそ、どのような放射線科を選ぶかがポイントになってきます。
だいたいは、放射線治療をおこなっているか、IVRをおこなっているかがポイントとなってくるでしょう。
これらの治療をしていない小規模な病院であれば、放射線科であっても基本的にはレントゲンやCT、MRIの介助がメインになってきます。
IVRに興味のある方は、IVRの症例数、血管IVRだけでなく非血管IVRもおこなっているか、どのようなIVRの症例が多いのかといったところを重点的にチェックしておくといいかもしれません。
あとは、陽電子線治療や重粒子線治療などの先進医療やIMRTをおこなっているかというところもポイントになってきます。
ごく一部の限られた病院でしかおこなわれていない最先端の治療法ですので、最先端の放射線治療に携わりたいのであればやはりこだわっておきたいポイントです。
ただ、こだわるからにはそれなりの勉強量が必要になってくることを覚悟しなければいけません。
患者さんやそのご家族に検査や治療について説明して、さらに患者さんやそのご家族からの質問に答えるとなると、検査や検査機器、その安全性などについて本当に詳しい知識が必要になります。
専門領域についての幅広い知識が求められます。
患者さんやそのご家族というのは、やはり不安を抱えているものです。
それを解消するのが看護師の説明や回答でもあるのです。
放射線科での仕事というのは大変ではありますが、最新の技術を使った医療チームで働くことができますし、それがやりがいにもつながってきます。
チーム医療に興味があって、看護師としてのスキルアップに積極的な方にとってはこれ以上ないほどの診療科だと思います。
常に最新の医療技術に携われる放射線科だからこそ、勉強することが多くなるという部分もありますが、基本的にどこの診療科であっても日々の勉強は欠かせません。
看護師として当たり前に勉強をしていくことによって、大幅なスキルアップができると思えばかなりありがたい診療科です。
ただ、放射線科に関しては夜勤がないため、夜勤のある診療科に比べるとお給料は少し安くなるかもしれません。
夜勤というのは体力的にも精神的にもきついものですが、その分、夜勤手当というものがついてきます。
もちろん、放射線科という専門性の高い診療科だからこそ日勤のみの割には、高いお給料をくれるところも多いのですが、やはり夜勤の有無というのは大きいかもしれません。
お給料のことを考えて夜勤を希望している方にとっては、放射線科というのはお給料面で少し物足りないかもしれません。
ただ、日勤でも十分なお給料になるとは思います。
放射線科での経験というのは、看護師としての自分の価値を高めることにもつながってきますので、将来的な投資と考えてもいいのではないでしょうか。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング