看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 気管食道科

看護師転職・求人の診療科目別 気管食道科

看護師転職・求人 診療科目別 気管食道科 ある日のタイムスケジュール

気管食道科というと、あまり聞き慣れないという看護師の方も多いでしょう。
しかしながら、転職にあたってありとあらゆる情報を集めているという方であれば、気管食道科についてはご存知かもしれません。
現在、日本にはさまざまな診療科が存在していますが、気管食道科というのはその中でも新しい診療科になります。
もちろん、すでにこの気管食道科で働いているという看護師の方もいらっしゃいます。
ここでは、実際に気管食道科で働いているという看護師の方のタイムスケジュールについてご紹介していきましょう。
入院施設のある病院での勤務になりますので、当然、夜勤もあります。
まずは、日勤について見ていきましょう。

6時30分 起床
勤務先の病院はそこまで遠くないのですが、朝はゆっくりとしたいタイプなので、早めに起きます。朝ご飯はしっかりと食べてから出かけます。

8時00 出勤
出勤です。病棟に行き、素早く着替えて、患者さんの状態をチェックしていきます。

8時30分 申し送り
患者さんの人数やそれぞれの患者さんの状態について申し送りを受けます。

9時00分 患者さんの処置
患者さんの処置をしていきます。もちろん、その前に患者さんへひとりひとり声をかけるのも忘れないようにしています。術後の方のガーゼ交換などをおこなっていきます。

11時30分 休憩
11時30分、もしくは12時00分から1時間の休憩をとります。一度に全員が同じ時間に休憩をとるのではなく、交代で休憩をとっていきます。時間が前後することもあるのですが、基本的には1時間しっかりと休憩をとるようにしています。

13時00分 ミニカンファレンスや検査介助、手術介助など
休憩が終わった後は、さらに忙しくなります。短時間でミニカンファレンスをして、その後、検査の指示が出ている患者さんを検査に送り出して、検査の介助をおこないます。手術が必要な患者さんもいらっしゃいますので、手術介助もおこなっていきます。

16時30分 勤務終了
一応この時間で勤務終了になるのですが、この時間にそのまますんなり帰れることはあまりありません。基本的に残業をすることになります。看護記録や記録表を書いていきます。結構時間がかかるので、最低でも1時間は残業する感じです。

18時00分 病院を出る
残業を終えて、ようやく帰宅することができます。

19時00分 帰宅
仕事帰りに必要な買い物をして、帰宅です。帰宅してからはゆっくりと過ごします。

次に、夜勤のタイムスケジュールについて見ていきましょう。

15時00分 出勤
出勤です。病棟に行き、素早く着替えて、患者さんの状態をチェックしていきます。

16時00分 申し送り
日勤の方から申し送りを受けます。日中の患者さんの様子は日勤の方しかわからないので、しっかりと患者さんの様子を聞いておきます。この時点でいろいろな可能性についてシミュレーションしておきます。

16時30分 患者さんの処置
患者さんの処置をおこなっていきます。もちろん、患者さんひとりひとりに声をかけるのも忘れないようにしておきます。ナースコールにも対応していきます。

23時30分 仮眠
この時間から夜勤担当者が交代で仮眠をとっていきます。だいたい1時間30分くらいの仮眠です。

1時00分 ナースコール対応
患者さんの様子を見て回りながら、ナースコールに対応していきます。ナースコールが頻繁に鳴る日はやはり十分に仮眠がとれなくなります。ただ、ナースコールが頻繁に鳴るということはそうありません。

9時00分 勤務終了
夜勤の勤務終了です。ただ、日勤のときと同じようにこの時間ですんなり帰れるというわけではありません。やはり残業をすることが多いです。残業をして、記録を書いていきます。だいたい1時間くらいの残業になることが多いです。

10時00分 病院を出る
記録を書き終えたら、残業終了です。ようやく帰宅です。夜勤後はやはり疲れているので、どこにも立ち寄らずにそのまま真っ直ぐ帰ります。帰宅後にはゆっくり休みます。

気管食道科というのは、先でもお話ししましたが、さまざまな診療科の中でも新しいものになります。
まだ開設されて間もないからこそ、看護師の方でもあまりご存知ないのです。
もともとは呼吸器科や消化器科、耳鼻咽頭科などそれぞれで診療していたものを総合的に診療するというところから「気管食道科」というものが誕生しました。
今のところ、気管食道科を専門的に扱う病院もまだまだ少ないです。
ただ、新しい診療科だからこそ、気管食道科におけるプロフェッショナルな看護師というのも少ないのです。
つまり、気管食道科のような新しい診療科へと転職して経験を積むことは、人よりも先に特別なスキルを身につけられるというメリットもあるのです。

看護師転職・求人 診療科目別 気管食道科 転職・求人先と仕事内容

気管食道科の求人先ということなのですが、まだ新しい診療科ということもあって気管食道科単科の病院というのはそこまで多くありません。
耳鼻咽喉科と一緒になっているところが多いです。
そのため、求人先としても耳鼻咽喉科と気管食道科が一緒になっているところなど、他の診療科と併設となっている病院が候補になってくるでしょう。
気管食道科では、食道や喉頭、咽頭がん、アレルギー性気管支炎など気管や咽頭にできた疾患、変形、狭窄などを治療することになります。
さまざまな診療科を総合的に扱っているというだけではなく、内科や外科問わずに診療していますのでこのあたりが気管食道科の特徴ともいえるでしょう。
もともと口から食道までは一本道でつながっています。
だからこそ、どこかに不調があればその道の途中のあちこちで同じような不調が起こっていることも十分に考えられます。
しかしながら、そのために複数の診療科へかかるというのは患者さんにとっても大きな負担になります。
気管食道科というのは、その患者さんの負担を軽減するための診療科でもあるのです。
実際に、気管食道科があることによって、本来であれば複数の診療科にかからなければいけないところが、気管食道科というたったひとつの診療科へ通うだけでOKになるのです。
ただ、だからこそ、そこで求められる看護師のスキルや知識は幅広くなってきます。
もちろん、それで看護内容に大きな差が出てくるというわけではありません。
転職ということであれば、看護師としての基礎はすでにあるわけですから、そこに気管食道科で扱う分野の知識やスキルをプラスしていけばいいというだけのことです。
気管食道科での基本的な仕事内容というのは、診察の介助や点滴、注射などです。
他の診療科と仕事内容にはそこまで差はありません。
ただ、扱う分野が少しばかり広くなるというだけなのです。
新しい診療科だからこそ、不安も大きくなるかもしれませんがそこまで目立って変わったことがあるというわけではないのです。
むしろ、新しい診療科だからこそ、ひとりひとりの患者さんと向き合って地道にひとつひとつの症例を経験していけばいいのです。

看護師転職・求人 診療科目別 気管食道科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

気管食道科への転職におけるアドバイスということなのですが、まず求人が少ないということを覚悟しておきましょう。
もともと新しい診療科ということもあって、まだまだ求人も少ないのが現状です。
だからこそ、自力で求人を見つけ出すのには限界があります。
もちろん、自力で見つけるという気持ちはとても大切です。
ただ、いつまで経っても求人が見つけられないのでは、時間がもったいないです。
新しい診療科でもともとの求人数が少ないからこそ、気管食道科の求人を探す場合には転職サイトを利用してほしいと思います。
もちろん、転職サイトを利用するのに抵抗があるという方もいるでしょう。
しかしながら、本気で気管食道科への転職を考えているのであれば、転職サイトの理由が近道といえるでしょう。
転職サイトにもいろいろなものがありますので、複数のサイトに登録して、実際に利用してみて自分に合ったサイトを見つけて、そこを積極的に利用していきましょう。
いろいろなサービスを提供していますので、サービスによって使い分けるというのもひとつの方法です。
気管食道科というのは新しい診療科でもありますし、希少な診療科でもあります。
ここで得られる経験というのは、やはりそれだけで貴重です。
気管食道科がいくら新しい診療科で希少な診療科であっても、人の体の診療をおこなうことには変わりありません。
看護師の方であれば、言われなくともわかっているでしょうが人の体というのは基本的にそのすべてがつながっていますし、関係性を持っているものです。
気管食道科では、気管や食道をそれぞれ単体ではなくトータルにケアしていくことができます。
そのための知識やスキルを身につけることができれば、それこそどこででも活躍できる看護師へとレベルアップしていくでしょう。
広い視野を持ちながらもしっかりとした専門性を持っているというのは、それだけで大きな強みになってきます。
気管食道科で扱う疾患というのは性別や年齢に関係ないものが多いのですが、やはり高齢者の方が多くなります。
今はどこの病院でも高齢者が多いですから、気管食道科での経験というのはそれだけでより多くの方を救えるともいえるのではないでしょうか。
気管食道科での経験というのは、看護師としての将来の可能性をぐっと広げてくれるものです。
新しく希少な診療科である今だからこそ、狙い目とも言えるかもしれません。
求人が少ないので簡単にはいかないでしょうが、気管食道科への転職を成功させて気管食道科ならではの貴重な経験を通してどこででも通用するような看護師としてレベルアップしていきましょう。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング