看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 泌尿器科

看護師転職・求人の診療科目別 泌尿器科

看護師転職・求人 診療科目別 泌尿器科 ある日のタイムスケジュール

泌尿器科というのは、看護師の転職先としてそこまで人気のある診療科ではありません。
ただ、それでも泌尿器科への転職を考えている方はいらっしゃるかと思います。
ここでは、まず実際に泌尿器科で働いている看護師の方のタイムスケジュールについてご紹介していきたいと思います。
日勤のタイムスケジュールから見ていきましょう。

7時00分 起床
前日の夜に準備はだいだい済ませてあるので、時間をかけて朝食をとります。

8時00分 出勤
病棟に行き、患者さんのチェックをおこなっていきます。

8時30分 申し送り
患者さんの人数やそれぞれの患者さんの容態などについて、申し送りを受けます。

9時00分 清拭や処置
患者さんに声をかけて回りながら、入浴できない重症の方の清拭や処置をおこなっていきます。術後の方もいらっしゃいますので、そういった患者さんのガーゼ交換などもおこなっていきます。

11時30分 休憩
11時30分から12時30分、13時00分から14時00分の1時間が休憩時間になります。交代で1時間の休憩をとります。お昼を食べて、その後はゆっくりと過ごします。

12時30分 ミニカンファレンスや検査出し、手術介助など
短時間でミニカンファレンスをおこないます。その後は、検査出しや手術介助をしていきます。手術介助も大変ではあるのですが、検査出しも時間がかかりますので忙しいときには大変です。

16時30分 勤務終了
勤務は終了ですが、基本的に残業があります。看護記録や記録表を書いていきます。この時間に帰れるのはまれです。

18時00分 病院を出る
残業を終えて、病院を出ます。

19時00分 帰宅
帰宅したら、ゆっくりと休みます。早めに翌日の準備も済ませておきます。

次に、夜勤のタイムスケジュールについて見ていきましょう。

15時00分 出勤
病棟に行き、患者さんの状態をチェックしていきます。

16時00分 申し送り
日勤の方から申し送りを受けます。日中の様子が夜勤での対応に関係してきますので、しっかりと患者さんの様子を聞いておきます。

16時30分 点滴やナースコール対応
患者さんに声をかけて回りながら、点滴などの処置をおこなっていきます。もちろん、ナースコールがあれば、それにも対応していきます。

23時00分 患者さんの様子をチェック
患者さんの様子をチェックしていきます。

23時30分 仮眠
この時間から交代で仮眠をとっていきます。

1時00分 ナースコール対応
オムツ交換などをおこなっていきますが、ナースコールにも対応していきます。ナースコールによる忙しさというのはその日によって違います。

9時00分 勤務終了
勤務終了ではありますが、夜勤の場合にもやはり残業があります。残業をして記録を書いていきます。

10時30分 病院を出る
残業を終えて、ようやく帰宅です。夜勤後は疲れているので、そのまま真っ直ぐ家に帰りゆっくり休みます。

泌尿器科に転職する看護師というと、やはり男性の方が多いです。
もちろん、女性で泌尿器科へと転職する看護師の方もいるのですが、そこまで多くありません。
女性にとっては、泌尿器科というのは少し特殊な診療科になるかもしれません。
泌尿器科に転職する男性看護師は多いですが、女性看護師にとって泌尿器科はやや特殊な科です。
内科や消化器科、泌尿器科などいくつかの診療科の中のひとつしているクリニックであれば、女性でも比較的働きやすいかと思います。
泌尿器科は総合病院よりもクリニックが多いこともあって、夜勤がないこともあります。
ただ、手術もおこなっているようなクリニックであれば、入院施設があるケースも多くなりますので、そうなってくると夜勤はあります。
泌尿器科はこれからキャリアを積んでいくであろう若い女性よりもすでに家庭を持っているベテランの看護師の方に人気があるようです。
もちろん、転職先にもよりますが家庭と仕事を両立しやすい部分がありますので、このあたりは泌尿器科のメリットといえるでしょう。
泌尿器科というのは特殊な診療科ではあるものの、実は意外に人間関係に恵まれているところが多いようです。
そのため、「泌尿器科は働きやすい」と感じている方も多いのです。
一般的に看護師の仕事は大変だと言われますが、それには女性同士の人間関係の難しさといったものも含まれています。
もちろん、女性が悪いというわけではないものの、やはり女性と男性ではその性質が異なるという部分もあります。
泌尿器科はもともと男性の性器も診察の対象としていることもありますので、やはり男性看護師の比率が高いのです。
女性だらけの職場でストレスを感じていた方であれば、男性看護師の多い泌尿器科はそれだけでストレスが軽減されるのではないでしょうか。
実際に、こういったところから泌尿器科で働いてみたいと思う女性も少なからずいるようです。

看護師転職・求人 診療科目別 泌尿器科 転職・求人先と仕事内容

泌尿器科の求人先ということですが、泌尿器科はやはりクリニックが多いです。
そのため、クリニックの求人であれば比較的見つけやすいのではないでしょうか。
クリニックであれば日勤のみのところも多いですし、残業も少なめになるでしょう。
仕事と育児や家事を両立させたい方にもおすすめです。
病院によっては、泌尿器科で膀胱や尿道だけでなく、腎臓も診療しているところがあります。
腎臓も診療しているところであれば、人工透析や腎臓移植などの看護にも携わることができます。
泌尿器科での看護師の仕事は、ドクターの診察の補助や検査介助といったものに加えて、患者さんのADLに合わせた日常生活援助といったものになります。
泌尿器科では前立腺がんや膀胱がん、前立腺肥大症などの手術が多くなりますし、腹腔鏡や内視鏡を用いた先進的な手術も多くなります。
そのため、手術の介助といったものも当然仕事になってきます。
泌尿器科の病棟の場合には手術前後の看護、泌尿器科専門のクリニックの場合にはオペ介助をすることも多くなります。
病院やクリニックによっては、泌尿器科でも人工透析をおこなっているところがあります。
そういう場合には、透析看護も泌尿器科の看護師がおこなうことになります。
あと、重要になってくるのが患者さんの精神的な面でのケアやフォローです。
というのも、泌尿器科を訪れる患者さんというのは羞恥心を持っているものです。
男性や女性を問わず、恥ずかしいという気持ちを持っている方がほとんどになります。
実際に、泌尿器科ではデリケートな部分を扱うことになりますので、これは仕方のないことです。
しかしながら、恥ずかしいからといって本当のことを話してくれないのでは意味がありません。
だからこそ、患者さんの羞恥心を取り去るようなケアやフォローをしていく必要があるのです。
羞恥心のせいで治療がスムーズに進まなかったり、自己判断で治療を中断してしまったりしては患者さんのためにはなりません。
患者さんの恥ずかしいという気持ちをしっかりと理解した上で、その羞恥心を取り去ってあげられるようにするのも看護師の大切な仕事なのです。

看護師転職・求人 診療科目別 泌尿器科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

泌尿器科への転職にあたってのアドバイスということなのですが、泌尿器科というのは特殊な診療科ではあるもののだからといって特別なスキルが求められるというわけではありません。
むしろ、看護師として一般的なスキルと知識を持っているのであれば、それで十分に活躍していくことができるでしょう。
ただ、泌尿器科の場合には、やはり前立腺肥大症や前立腺がん、精巣腫瘍など男性特有の疾患を扱うことが多くなります。
それゆえに、どうしても泌尿器科の患者さんは男性比率が高くなってしまいます。
これは仕方のないことなので、転職前からしっかりと覚悟しておきたいところです。
男性の患者さんが多くなるからこそ、ドクターとの会話でも男性のセクシュアリティに関するものが多くなりますし、治療の前には陰毛の剃毛をおこなうといったことも出てきます。
このあたりは泌尿器科ならではの仕事でもあるのですが、こういった部分があるからこそもともと泌尿器科には男性の看護師が多いのです。
実際に、患者さんのほうが「女性の看護師さんはちょっと・・・」と恥ずかしがってしまうケースもあるのです。
女性看護師が泌尿器科で働く場合には、それこそ男性の陰毛の剃毛も何でもないように当たり前にできるような冷静さが大切になってきます。
看護師のほうが変にリアクションしてしまうと、患者さんも恥ずかしくなってしまいますし、逆に患者さんからのセクハラにつながることもあります。
看護師の方にもいろいろなタイプの方がいらっしゃるかとは思いますが、やはり年頃の娘さんが泌尿器科で最初から堂々と振る舞うというのは難しいかもしれません。
実際に、泌尿器科には男性看護師やベテランの看護師の方が多くなっていますので、現実問題として「抵抗がないか」という部分をしっかりと吟味しておきたいところです。
「恥ずかしくてやっぱり無理!」となってしまっては、患者さんだけでは転職先の病院にまでも迷惑をかけてしまいます。
もちろん、女性として恥じらいを持つのはいいことですが、仕事のときにはそこの部分をしっかりと切り替えられるかどうかという部分が重要です。
男性の患者さんには抵抗がある・・・でも泌尿器科でのキャリアを積みたい・・・という場合には、女性泌尿器科を選択するのもひとつです。
一般の泌尿器科には男性の患者さんが多いものですが、中には女性の患者さん専用の女性泌尿器科というものもあります。
こういった選択をするのももちろんありだと思います。
女性泌尿器科では、女性特有の失禁トラブルといったものを扱っているところが多いようです。
このように自分の活躍できそうなところを見つけて、転職を成功させましょう。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング