看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 緩和ケア

看護師転職・求人の診療科目別 緩和ケア

看護師転職・求人の診療科目別 緩和ケア ある日のタイムスケジュール

最近では緩和ケアというものがその需要を高めています。
そういった中で、緩和ケアへの転職といったものに興味を抱く方も多くなっているのではないでしょうか。
ただ、緩和ケアというのは思っている以上に大変な仕事です。
ここでは、まず実際に緩和ケアに携わっている看護師の方のタイムスケジュールを一例として挙げてみたいと思います。
日勤だけではなく、夜勤もあります。
まずは日勤のタイムスケジュールについてです。

7時00分 起床
早めに起きて、準備をします。朝食はしっかりととっておきます。

8時00分 勤務開始
到着後、すぐに着替えて勤務開始です。

8時30分 申し送り
申し送りを受けます。

8時45分 環境整備
申し送りを受けた後には環境整備です。担当する患者さんに挨拶も忘れずにしておきます。

9時00分 バイタル測定
患者さんのバイタル測定や状態観察をおこなっていきます。

10時00分 処置
患者さんへの処置をおこなっていきます。必要な患者さんには点滴もおこなっていきます。

11時30分 昼食配膳
患者さんの昼食の配膳をおこないます。もちろん、食事の介助もおこなっていきます。

12時00分 下膳
患者さんの昼食が終わったら下膳です。

12時15分 休憩
看護師の休憩です。1時間の休憩があります。

13時15分 カンファレンス
カンファレンスをおこなっていきます。

14時00分 患者さんへの訪問
患者さんの状態観察や処置、入浴介助などをおこなっていきます。

16時00分 記録
記録を書いていきます。

16時45分 申し送り
申し送りをします。

17時15分 業務終了
一応日勤の業務はこれで終了になります。もちろん、残業がまったくないわけではありません。

18時30分 帰宅
スーパーなどによって必要な買い物をして帰宅します。帰宅後はゆっくり過ごし、早めに寝て翌日の勤務に備えます。

次に、準夜勤のタイムスケジュールについて見ていきましょう。

17時15分 準夜勤の常備薬チェック
準夜勤の常備薬チェックをして、担当する患者さんに挨拶をしていきます。

18時00分 夕食配膳
夕食の配膳と食事の介助をおこなっていきます。

18時30分 下膳
下膳や洗面介助といったものをおこなっていきます。

19時00分 バイタル測定
バイタル測定や状態観察をおこなっていきます。

20時00分 処置
患者さんに処置をおこなっていきます。必要な患者さんには点滴もおこなっていきます。

21時00分 休憩
1時間の休憩をとります。もちろん、きっちり休憩をとれないこともあります。

22時00分 巡室
巡室と消灯の時間です。

22時30分 記録
記録を書いていきます。

0時00分 巡室
巡室をおこなっていきます。

0時30分 申し送り
申し送りをします。

1時15分 準夜勤終了
準夜勤というとで一般的な夜勤よりも早めに業務を終えて、帰宅します。

続いて、深夜帯の夜勤におけるタイムスケジュールを見ていきましょう。

1時15分 常備薬チェック
深夜帯の夜勤における常備薬をチェックしていきます。

2時00分 巡室
巡室をおこなっていきます。

2時30分 当日分注射確認
当日分の注射を確認しておきます。

3時00分 休憩
1時間の休憩です。もちろん、1時間きっちりとれないこともあります。

4時00分 巡室
巡室をおこなっていきます。

4時30分 指示切れ確認
指示切れ確認や当日検査確認などをおこなっていきます。

5時30分 記録
記録を書いていきます。

6時00分 バイタル測定
バイタル測定や担当の患者さんに挨拶をしていきます。

7時00分 処置
患者さんへの処置をしていきます。

7時45分 朝食配膳
朝食の配膳をおこなっていきます。もちろん、食事の介助もおこなっていきます。

8時15分 下膳
下膳と洗面介助といったものをおこなっていきます。

8時30分 申し送り
申し送りをします。

9時00分 記録
記録を書いていきます。

9時30分 深夜帯の業務終了
もちろん、多少時間が前後することはありますが、深夜帯の夜勤はこれにて終了ということになります。

緩和ケアへと転職するメリットとしては、やはり緩和ケアについての知識や技術が身につけられるという部分です。
もちろん、知識だけであれば勉強するだけでもある程度は身につけられるものですが、やはり日々の実践というのは大きな経験になります。
また、看護に集中できるというのもメリットになってくるかもしれません。
おそらく看護師となった方の多くが看護というものを重視していたかと思います。
しかしながら、診療科によっては他の業務に追われて十分な看護ができないということも少なくありません。
緩和ケアであれば、患者さんひとりひとりと向き合って落ち着いて看護することができるのです。
患者さんの看護がしたいという強い気持ちを持っていた方であれば、かなりやりがいが感じられるでしょうし、自分の理想とする働き方というものを実現させることができるかもしれません。
また、緩和ケアではチーム医療をおこなうことになります。
ドクターはもちろん、薬剤師やソーシャルワーカー、カウンセラーなどとチームを組み、患者さんと向き合っていくことになります。
専門性の高い方と一緒に働くことができますので、看護師としてのスキルアップにもつながってきます。
あとは、患者さんやそのご家族の方から感謝されることも多くなります。
もちろん、患者さんの死に直面することもあるのですが、最期に穏やかな時間を過ごすことができたということで感謝されることも多くなります。
つらいことがあっても、この感謝というものがやりがいやモチベーションにつながってきます。

看護師転職・求人 診療科目別 緩和ケア 転職・求人先と仕事内容

緩和ケアの求人先としては、緩和ケア病棟が挙げられます。
ただ、最近では緩和ケア外来といったものも増えてきていますので、そういったところでの求人も見つかるでしょう。
緩和ケアでの仕事内容についてですが、基本的には患者さんの日常生活ケアや内服薬の管理などがメインになってきます。
一般病棟での仕事とあまり変わらないように思えるかもしれませんが、そもそも目標としているものが異なります。
というのも、一般病棟では患者さんの回復を目標としています。
しかしながら、緩和ケアではあくまでも患者さんの痛みを取り除くことを目標としているのです。
そのため、清潔ケアや食事介助、排泄介助などの一般的なケアだけではなく、車椅子を押して外に散歩に行ったり、季節ごとのイベントをおこなったりといったケアもおこなっていくことになります。
ペットと一緒に過ごせる環境を整えたり、お酒を飲めるようにしたり・・・と通常では考えられないようなケアもおこなっていきます。
患者さんの痛みを和らげるためには精神的な面だけではなく、やはり身体的な面も重要になってきます。
そういった中でドクターだけではなく、薬剤師や栄養士の方との連携も必要になってきます。
各方面のスペシャリストとチームを組み、連携していくことになりますので、看護師はその橋渡し的な役割も担っているのです。

現役看護師からの転職・求人アドバイス

緩和ケアへの転職にあたってのアドバイスということなのですが、もともと緩和ケア病棟における看護師の求人というのはそこまで多くありません。
そのため、まずは緩和ケア病棟がある病院をピックアップしていくところからスタートします。
転職の際には希望の病棟に配属されるように病院側と交渉する必要があります。
自力でできないこともないのですが、自信がないという場合には看護師専門の求人サイトなどを利用したほうがいいでしょう。
緩和ケアへの転職の場合、事前に現状の確認をするということが難しい傾向にあります。
事前の情報収集というのはやはり重要なポイントになってきます。
見学なども含めて自力で交渉するのもひとつですが、そのあたりも含めて求人サイトにお願いするということも可能です。
また、通常であれば希望している診療科への転職がすぐに実現するというケースが多いのですが、緩和ケアに関してはそうならないケースも多いです。
というのも、緩和ケアにおいては一般病棟よりも繊細なケアが求められます。
だからこそ、まずは一般病棟への配属がおこなわれ、そこから適性やタイミングなどを考慮して緩和ケアへ・・・という感じのところが多いです。
緩和ケアの経験者であればもちろんすぐに配属されることもあるでしょうが、未経験の場合には年単位で時間がかかる可能性も考えておきましょう。
緩和ケアへの転職にあたっては事前にいろいろと確認しておきたいことがあるのですが、まず病床数と配置人数については絶対に確認しておきましょう。
緩和ケアでは身体的なケアだけではなく、精神的なケアも重要になってきます。
だからこそ、よりいっそう忙しく感じられることもあるのです。
受け持ち人数や業務の流れなどを確認した上で、転職した場合のイメージを描いておくことも大切です。
また、患者さんの死後、そのご家族に対するケアであるグリーフケアにどの程度力を入れているのかというのも確認しておきたいところです。
グリーフケアに力を入れているところでは、時間外でも定期的に手紙や電話で連絡を取るといったケースも珍しくありません。
そして、土日祝日の出勤回数です。
緩和ケアというのはもともとそこまで看護師の数が多くありません。
そのため、夜勤回数や土日祝日の出勤が多くなる可能性も高くなりやすいです。
夜勤や土日祝日の出勤がいくらあっても困らないという方であれば問題ないのですが、さすがにいつでも対応できるわけではないという場合には事前にしっかりと確認しておきましょう。
緩和ケアでは患者さんの死に直面することもありますし、患者さんやそのご家族の精神面でのケアというのも難しいものです。
気軽に転職するべきところではありませんので、しっかりと覚悟を持って長く働けるところを見つけていきましょう。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング