看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 耳鼻咽喉科

看護師転職・求人の診療科目別 耳鼻咽喉科

看護師転職・求人 診療科目別 耳鼻咽喉科 ある日のタイムスケジュール

花粉症などのアレルギー症状に悩まされる方が多くなっていることもあり、耳鼻咽喉科の需要は高まっています。
そういった中で耳鼻咽喉科への転職を考えている看護師の方も多いでしょう。
ここでは、実際に耳鼻咽喉科で働いている看護師の方のタイムスケジュールを一例として挙げていきたいと思います。
手術や入院のない病院ですので、日勤のみのタイムスケジュールとなります。

7時00分 起床
家から近い病院なのですが、時間をかけて朝食を取るので早めに起きます。

8時00分 出勤
出勤です。このあたりでは人気のある病院なので、この時間から外のベンチで患者さんが待っていらっしゃることもあります。着替えて、受け付け開始までに準備をしていきます。

9時00分 業務開始
受け付け開始と同時に、患者さんをお呼びして検査をしたり、診察したりします。診察の際には器具や椅子の上げ下ろし操作などの補助をおこなっていきます。

12時00分 休憩
12時00分から14時00分までドクターも含めて、全員で休憩します。2時間の休憩というとかなり長く思われるでしょうが、とにかく毎日忙しいのでこれくらいの休憩がないと体力が持ちません。

14時00分 午後からの診療
午前中からお待たせしている患者さんはもちろん、午後からの受付した患者さんの検査などをおこなっていきます。注射や鼻洗浄、点鼻薬の使い方指導などもおこなっていきます。

17時30分 受付終了
受付終了ですが、ギリギリで受け付けをする患者さんもいらっしゃいますのでそういった患者さんの対応をしていきます。

18時00分 業務終了
業務終了です。残業はほとんどありません。

19時00分 帰宅
近所のスーパーなどで買い物をしてから帰宅します。

耳鼻咽喉科への転職におけるメリットは、やはり夜勤がないことでしょう。
基本的に耳鼻咽喉科への転職となってくると、クリニックや外来での勤務になります。
看護師には当たり前と思われがちな夜勤がないというのは、大きなメリットです。
耳鼻咽喉科には重症の患者さんが来ることはほとんどありませんので、大きな重圧を感じることもありません。
精神的には楽な状態で働くことができます。
また、耳鼻咽喉科へ転職することによって専門スキルを身につけることもできます。
耳鼻咽喉科ですから、耳や鼻、喉の病気はもちろん、その処置に関する専門スキルを身につけることができるのです。
よくある点滴などの看護スキルを発揮する機会は少ないものの、専用の特殊な機械などを使って治療や検査をおこなうことが多くなります。
耳鼻咽喉科だからこそ身につく専門スキルは大いに期待することができます。
あと、耳鼻咽喉科での治療というのは比較的即効性のあるものが多いです。
中耳炎のための抗生剤、機械での鼻水の吸引といった治療は、患者さんとしても「治った!」という実感を得やすいものです。
そのため、小さなお子さんであればそれだけで機嫌がよくなりますし、大人の方からも感謝されることが多くなります。
どんなに疲れていても、患者さんのこういった変化というのはやはり嬉しいものです。

看護師転職・求人 診療科目別 耳鼻咽喉科 転職・求人先と仕事内容

耳鼻咽喉科の求人先ということなのですが、基本的には小規模なクリニックが多くなるかと思います。
もちろん、大規模な病院が求人を出していることもあるのですが、やはり小規模なクリニックの求人のほうが見つけやすいです。
耳鼻咽喉科での仕事内容についてですが、中には耳鼻咽喉科だからこそ仕事内容も限られてくると思っている方もいるかもしれません。
しかしながら、耳鼻咽喉科での仕事というのは思っている以上に幅広いものです。
まず、診察に必要な物品の準備や洗浄といったものが挙げられます。
これだけでもかなりいろいろな仕事をすることになります。
例えば、綿球を消毒液にひたす、耳用や鼻用の綿棒を作る、ネブライザーなどのセッティング、足りない薬剤などの補充、鼻鏡や耳鏡、吸引管などの洗浄と消毒といった感じです。
器具の洗浄では、ひとつひとつの器具を丁寧に洗浄した後で、それぞれに合わせて消毒液に浸したり、煮沸にかけたりして滅菌をおこなっていきます。
次に、ドクターの診察の介助です。
ドクターが診察をするとき、看護師はすぐそばでその介助をおこないます。
置台から必要な物品を手渡すのはもちろん、小さなお子さんの場合には暴れることもありますのでそういったお子さんをなだめるのも看護師の仕事です。
場合によっては親御さんに協力してもらいながらお子さんをおさえつけることもあります。
おさえつけるというと可哀想に思う方もいるかもしれませんが、むしろ暴れさせたままにしておくほうが危ないのです。
基本的にはスムーズに診察がおこなわれるようにさまざまな角度からサポートをしていきます。
相手が小さなお子さんであっても、治療に関する説明もしていきます。
もちろん、すべてを完全に理解してもらうのは無理かもしれませんが、小さなお子さんにもわかるような言葉を選んで説明していく必要があります。
これからどのような処置や治療がおこなわれるのかをお子さん本人に、もちろんそのご家族にも説明していきます。
この説明というのは、患者さんとの信頼関係にもつながってきます。
耳鼻咽喉科に限らず、病院への恐怖心や不安というのは誰もが持っているものです。
だからこそ、それを軽減できるように看護師が働きかけていくべきなのです。
これも看護師の仕事です。
また、聴力検査や重心検査の実施も看護師の仕事になります。
聴力検査の検査方法や使用する器具はクリニックによって違ってくるのですが、使用する器具の使用方法を覚えることも含めて仕事です。
正常に検査がおこなえるように、わかりやすく検査について患者さんに説明することも忘れないようにしておきましょう。
採血や注射の処置も看護師の仕事になります。
耳鼻咽喉科クリニックでは、やはり採血や注射をおこなうことが多くなります。
患者さんのアレルゲン特定や貧血、感染症の有無を調べるための採血、突発性難聴や顔面神経麻痺の治療のためにステロイド剤の注射などが多いです。
さらに、内視鏡治療の介助もおこなっていきます。
声帯や粘膜の状態、ポリープの有無などの判断をする際には、耳鼻咽喉科でも内視鏡を使うことになります。
こういったときには内視鏡治療の準備や介助、片付けをするのも看護師の仕事です。
耳鼻咽喉科ではやはり内視鏡治療が多くなりますので、転職する際は事前に内視鏡に関する最低限の知識を身につけておきたいところです。
レントゲン撮影の介助も看護師の仕事になります。
副鼻腔炎などの診断をする際には、耳鼻咽喉科でもレントゲン撮影が必要になります。
技師のいない小さいクリニックの場合には、ドクターが撮影のボタンを押します。
あとはドクターがボタンを押すだけという状態まで持っていくのが看護師の仕事になります。
1回で問題なく撮影できるように患者さんのセッティングをしていきます。
耳鼻咽喉科では鼻の粘膜を焼いて鼻づまりを改善させるのがレーザー治療をおこなうことがあります。
このときの介助も看護師の仕事です。
患者さんの痛みを緩和させるための麻酔準備からレーザー機械に異常がないかの確認までした上で、機械をドクターに渡します。
施術が終わった後にはドクターからレーザーを受けとって、片付けをしていきます。
そして、日帰り手術の介助もおこなっていきます。
耳鼻咽喉科に限った話ではないのですが、最近では日帰りの手術をおこなうところが多くなっています。
手術をするクリニックであれば、手術の介助も仕事になります。
手術介助では覚えることも多いのですが、だいたい同じようなケースでの手術が多くなりますので覚えてしまえばあとは楽になります。

看護師転職・求人 診療科目別 耳鼻咽喉科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

耳鼻咽喉科への転職にあたってのアドバイスということなのですが、耳鼻咽喉科への転職の場合には大きな病院を狙うよりも小さなクリニックを狙っていったほうがいいと思います。
実際に、クリニック系の求人のほうが見つけやすいで。
患者さんの立場になって考えてみても、やはりいきなり大きな病院へ行くよりはまずは身近なクリニックで・・・という方が多いのです。
大きな病院がいけないというわけではないのですが、小さなクリニックのほうがよりいろいろな経験をつめるのではないでしょうか。
ただ、大きな病院から小さなクリニックへの転職となってくると、やはりお給料の面ではマイナスになる可能性が高いです。
これは仕方のないことです。
もちろん、クリニックからクリニックへの転職であればそこまでお給料の差が気になることもないでしょう。
また、アレルギー症状で悩む方が多くなっていることもあり、耳鼻咽喉科というのはその需要がかなり高まっています。
そのため、耳鼻咽喉科へ転職することによって忙しくなるというケースも十分に考えられます。
子育て中の方やプライベートを充実させたいという方は、耳鼻咽喉科へ転職する前にそのあたりについてじっくりと考えておきましょう。
もちろん、夜勤がなく、残業が少ないというのも耳鼻咽喉科の魅力でもありますので、工夫次第で仕事とプライベートのバランスをとることはできると思います。
ちなみに、耳鼻咽喉科でも短期入院に対応しているところはありますので、そういったところでは夜勤が発生してきます。
注意しておきましょう。
あとは、耳鼻咽喉科では泣いたり暴れたりする小さなお子さんへの対応も求められますので、そのあたりも含めて自分に適性があるかを考えておきましょう。
小さなお子さんへの対応ができないと転職できないというわけではないのですが、やはりうまく対応できるに越したことはありません。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング