看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 肛門科

看護師転職・求人の診療科目別 肛門科

看護師転職・求人 診療科目別 肛門科 ある日のタイムスケジュール

肛門科というのは看護師の転職先として、そこまで人気のある診療科ではありません。
しかしながら、肛門科でしか経験できないこともありますので、そういったところに魅力を感じ、肛門科への転職を考える方もいます。
ここでは、実際に肛門科に勤務している看護師の方のタイムスケジュールをご紹介していきたいと思います。
基本的に肛門科では夜勤はあまりないのですが、肛門科でも入院施設のある病院で勤務している看護師の方のタイムスケジュールになりますので日勤と夜勤でそれぞれご紹介していきます。
まずは、日勤のタイムスケジュールです。

6時30分 起床
朝はゆっくり過ごしたいので、早めに起きて準備をします。朝ご飯は絶対に食べるようにしています。

8時00分 出勤
病棟に行き、スピーディーに着替えて、患者さんの状態をチェックしていきます。

8時30分 申し送り
患者さんの人数や状態について申し送りを受けます。

9時00分 清拭、処置
患者さんに声をかけながら、清拭やガーゼ交換などの処置をおこなっていきます。

11時30分 休憩
1時間の休憩をとります。時間が前後することもありますが、基本的には1時間しっかりと休憩をとります。忙しくて休憩時間が削れるということはほとんどありません。

12時30分 ミニカンファレンスや診察の介助
ミニカンファレンスをおこない、その後、ドクターの診察の介助をおこなっていきます。患者さんを診察台へ誘導し、診察の際の姿勢や衣服の着脱の有無などについて説明したり、ドクターが診察しやすいように患部の固定をしたりします。他にも、数種類の肛門鏡や挿入時につけるゼリーなど必要な物品がすぐ使えるよう用意しておき、患者さんの羞恥心に配慮してカーテンやタオルなどを使っていきます。検査の指示が出ている患者さんに関しては、検査出しをしていきます。

16時30分 勤務終了
勤務終了です。残業をすることもありますが、残業はあってもかなり短時間です。

18時00分 帰宅
帰宅後はゆっくりと過ごします。ただ、毎日早めに寝るように心がけています。

次に、夜勤のタイムスケジュールを見ていきましょう。

15時30分 出勤
病棟に行き、スピーディーに着替えて、患者さんの様子をチェックします。

16時00分 申し送り
日勤の方からの申し送りを受けます。

16時30分 ナースコール対応
患者さんに声をかけて回りつつ、ナースコールにも対応していきます。

23時30分 仮眠
交代で仮眠をとっていきます。忙しくて仮眠があまり取れないということはほとんどありません。

1時00分 ナースコール対応
ナースコールの対応をしていきます。肛門科では患者さんの急変といったものがほとんどないので、その点は少し気持ちが楽です。

9時00分 勤務終了
勤務終了です。ここでも残業はあまりありません。あったとしても短時間で済みますので、早くに帰宅できます。

肛門科で働く看護師の方のタイムスケジュールを一例として挙げましたが、肛門科には残業が少ないというメリットがあります。
だいたいどこの診療科であっても、勤務時間終了後には結構な時間の残業をするものです。
しかしながら、肛門科であればそういったことはあまりありません。
肛門科というのは他の診療科に比べると、急な病気によって患者さんが駆け込んでくるといったことがあまりありません。
もともと肛門が原因となっているような病気というのもそこまで多くありません。
だからこそ、肛門科では残業時間が少ないのです。
ゆっくりと仕事ができますし、仮に残業あったといても短時間で終わるでしょう。
プライベートを充実させることもできそうです。
手術をおこなう肛門科では入院施設を設けているところもありますが、基本的には日帰り手術がメインになります。
そのため、肛門科は残業だけではなく、夜勤の負担も軽いのです。
また、肛門科では思っている以上に幅広い知識を身につけることができます。
というのも、肛門科は他の診療科と併用されていることが多い傾向にあります。
大腸肛門科や肛門科胃腸科といったものが代表的ですが、他の診療科と併用されているからこそより幅広い知識を身につけることができるのです。
肛門科では内視鏡を使った検査や治療もおこなわれますので、内視鏡介助のスキルももちろん上達していきます。
あとは、お給料です。
やりがいや仕事内容ももちろん大切ではありますが、やはりお給料も本音では気になるところです。
ありがたいことに、肛門科ではお給料が高めに設定されているところが多いです。
やはり肛門という一般的に汚いとされている部分を専門的に扱う診療科だからこそ、お給料を高く設定しているのでしょう。
もともとあまり積極的に見たいと思えるようなところではありませんし、そういったところを長期的に治療することもありますので看護師の負担も大きくなりやすいものです。
ただ、その分、お給料でしっかりと返ってきますので、ここも肛門科ならではのメリットといえるかもしれません。

看護師転職・求人 診療科目別 肛門科 転職・求人先と仕事内容

肛門科の求人先なのですが、肛門科単独での外来やクリニックというのはまだそこまで多くはありません。
増えてきてはいるものの、まだまだ少ないです。
そのため、肛門科の求人先となってくると大腸科や消化器科、胃腸科などほかの診療科と併設されているところになってくるでしょう。
消化器系の診療科ではなく、泌尿器科と併設しているところも多いです。
肛門科での仕事内容ですが、まずは外来業務です。
肛門科には入院設備を備えているところもあるのですが、そこまで多くありません。
そのため、基本的に外来やクリニックになりますので、看護師はドクターの診療の補助や問診、バイタルサインのチェック、採血などをおこなっていくことになります。
次に、内視鏡介助です。
肛門科では大腸の内視鏡検査や内視鏡を使っての治療をおこなっているところが多いです。
そのため、肛門科で働くのであれば内視鏡の介助も主な業務のひとつといえるのではないでしょうか。
内視鏡介助では、患者さんへの説明はもちろん、内視鏡機器の準備や内視鏡をおこなっている間のドクターの介助をしていきます。
患者さんに声をかけることも大切ですし、最後に機器の洗浄をおこなうのも看護師の仕事です。
あとは、手術の介助です。
肛門科では基本的に痔の日帰り手術をおこなうことになります。
そのため、肛門科の看護師は手術介助も大切な仕事のひとつとなってきます。

看護師転職・求人 診療科目別 肛門科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

肛門科への転職にあたってのアドバイスということなのですが、まず求人がそこまで多くないということを理解しておいてください。
肛門科は他の診療科と比べると、どこにでもあるというものではありません。
肛門科へと転職したいのであれば、そもそも肛門科の病院がどこにあるのかをチェックしていかなければいけません。
求人をひらすら探すのは効率が悪いので、先に肛門科を探していったほうがいいでしょう。
もともと肛門科のある病院が少ないので、その分、そこで求められる看護師も少なくなります。
これは当たり前のことなのですが、だからこそ条件のいい肛門科の求人というのは競争率が思っている以上に高くなります。
募集が大々的に出されている場合には、その競争率もよりいっそう高まるでしょう。
条件のいい肛門科への転職を勝ち取ることはハードルが高いと覚悟しておきましょう。
ただ、肛門科への転職が実現すれば、それは自分にとってとても大きなプラスになります。
諦めずに頑張っていきたいところです。
肛門科の中には、インターネット上に求人広告を出さないようなところもあります。
そういったことを考えると、それこそしらみつぶしに肛門科を当たるくらいのことは考えておいたほうがいいかもしれません。
肛門科で勤めている方にツテがあるという場合には、そういったツテもフル活用していきたいところです。
転職するにあたって理想なのは、やはりいろいろな求人情報から自分にとってベストなものを選ぶということでしょう。
ただ、肛門科への転職ではそれは難しいです。
というのも、先でもお話ししましたように肛門科の求人自体が少ないのです。
だからこそ、肛門科への転職にあたっては妥協できるポイントを自分で見つけておくことも大切です。
あれもこれもと欲張っていたのでは、いつまで経っても肛門科への転職は実現しないものです。
転職にあたって最優先は何なのか、逆にもっとも優先順位の低いものは何なのかを考えていきましょう。
お給料もよくて、自宅から近くて、人間関係も良好そうで・・・という転職先は、肛門科でなくとも難しいです。
長く働くにあたって最低限の条件がそろっていれば、それ以外は目をつむるという謙虚さも必要です。
肛門科への転職にあたっては、患者さんへの気配りというものが今まで以上に求められることになります。
肛門科では主に痔疾患を扱うことになるのですが、やはりその性質上、男性の患者さんが多くなります。
いくら男性であっても肛門を見られるのは恥ずかしいものです。
肛門科へ転職するのであれば、こういった患者さんの羞恥心というものをしっかりと理解しておかなければいけません。
若い患者さんであればあるほど、そういった気持ちの面のケアやフォローも必要なのです。
ただ、そこまでのケアやフォローができる気がしないという方もいるでしょう。
そういう場合には、女性専門の肛門科への転職を考えてみるといいかもしれません。
最近では女性からのニーズに応える形で女性専門の肛門科も見られるようになりました。
女性専門のクリニックや外来では、基本的にすべてのスタッフさんが女性です。
こういったところであれば、女性看護師にとっても働きやすい環境といえるのではないでしょうか。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング