看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 胃腸科

看護師転職・求人の診療科目別 胃腸科

看護師転職・求人 診療科目別 胃腸科 ある日のタイムスケジュール

胃腸科への転職を考えている看護師の方も多いかと思います。
胃腸科という限定的なところだからこそ、そこまで忙しくないと思っている方もいるかもしれませんが、忙しさというのは胃腸科でも変わることはありません。
ここでは、実際に胃腸科で働いている看護師の方のタイムスケジュールを例として挙げていきましょう。
まずは、日勤のタイムスケジュールです。

7時00分 起床
早めに起きて、朝食はしっかりととっておきます。

8時00分 出勤
病棟に行き、素早く着替えて、患者さんの状態をチェックしていきます。

8時30分 申し送り
現在の患者の数やその容態などについて申し送りを受けます。

9時00分 患者さんへの声掛けや清拭、処置
複数の患者さんを担当することになりますので、それぞれの患者さんに「今日の担当看護師です」と声をかけていきます。入浴できない方の清拭や処置、術後の方のガーゼ交換などもしていきます。

11時30分 休憩
11時30分から12時30分、13時00分から14時00分に交代でお昼休憩をとります。忙しくてもお昼休憩がまるまるつぶれるということはあまりありません。

12時30分 ミニカンファレンス
患者さん何人かの看護計画の評価をおこなっていきます。短時間でスピーディーにおこなっていきます。それとは別に、ドクターから病状の経過と今後の治療計画を聞くカンファレンスもあります。

14時00分 検査出し
この頃には、外来がひと段落します。落ち着いた14~15時頃、検査の指示が出ている患者さんを検査に送り出します。検査のときのドクターの介助や患者さんのケアもおこなっていきます。検査後には機材の洗浄もおこなっていきます。

16時30分 勤務終了
一応勤務終了ではあるのですが、この時間にすぐ帰れるというわけではありません。基本的には残業することになります。看護記録はもちろん、熱、脈、血圧、食事量の記録表を書いていきます。

18時00分 病院を出る
残業を終えて、ようやく病院を出ることができます。帰宅したらゆっくりと過ごします。

では、次に夜勤のタイムスケジュールについてご紹介していきましょう。

15:00 出勤
病棟に行き、素早く着替えて、患者さんの状態をチェックします。

16時00分 申し送り
日勤の方からの申し送りを受けます。日中の患者さんの様子などから夜勤でのケアを考えていきます。

16時30分 患者さんへの声掛けや点滴、ナースコール対応
日勤のときと同じように「今夜の担当です」と患者さんに声をかけて回ります。指示が出ている患者さんには点滴を実施しつつ、ナースコールにも対応していきます。

23時00分 オムツ交換
オムツ交換が必要な患者さんもいらっしゃいますので、そういった患者さんの対応をしながら様子をチェックしていきます。

23時30分 仮眠
23時30分から5時00分の間で、仮眠をとっていきます。もちろん、交代です。

1時00分 オムツ交換やナースコール対応
オムツ交換やナースコールの対応をしていきます。ナースコールの頻度というのはその日によってまったく違います。ナースコールが頻繁になるときは、やはり仮眠も十分にとれなくなります。

9時00分 勤務終了
夜勤は9時で勤務終了ですが、やはり記録を書くために残業することが多いです。たまに 9時で上がれることもあります。

10時00分 病院を出る
残業をして、10時に病院を出ます。夜勤後は疲れていますので、帰宅後は特にゆっくりと休みます。

胃腸科で働くと、当たり前のことですが、胃腸に関する専門知識を持つことができます。
これは看護師の転職における大きなメリットになると思います。
というのも、これからの時代はやはり看護師も専門性といったものが求められます。
専門分野を持っていると、それだけでスキルアップやキャリアアップに役立ってくれるのです。
ひとつでも強みがあると、先々の看護師キャリアにおいて可能性が広がります。
また、胃腸科では内科や外科を問わず胃腸に関する疾患を診療することになります。
そのため、外科的な看護スキルを身につけるだけではなく、内科疾患の看護スキルをも身につけることができます。
さらに、どこの部署に配属されるかによって、内視鏡介助やオペ介助のスキルを身につけることができます。
一度にいろいろなスキルを身につけられる転職先でもあるのです。

看護師転職・求人 診療科目別 胃腸科 転職・求人先と仕事内容

胃腸科というのは、その名前の通り、消化器科の中でも胃や小腸、大腸の疾患の治療に限定している診療科、特化している診療科になります。
胃腸に限定、特化している分、外科の治療を中心としながらも内科疾患の治療することもあります。
ただ、この胃腸科というのは大学病院などの大きな総合病院にはあまりありません。
基本的には胃腸科病院などの単科病院や単科クリニック、もしくは小規模病院にしかないものと思っておいたほうがいいでしょう。
求人を探す場合には、こういったところから探すようにしておきたいものです。
胃腸科の看護師の仕事内容についてですが、基本的には胃腸科の病棟や外来であれば、一般的な診療科の病棟や外来での仕事とほぼ同じと考えていいでしょう。
ですが、胃腸科病棟では絶飲食の患者さんも多くなります。
そのため、絶飲食から来るストレスへのケアはもちろん、絶飲食を守ってもらうためのケといったものも必要になってきます。
胃腸科だからこそ、ストーマケアが多いというのもひとつの特徴になってくるでしょう。
あと、胃腸科病院やクリニックには内視鏡室があります。
胃や大腸の検査に内視鏡は欠かせないものです。
内視鏡室の配属になることもありますし、胃腸科クリニックで働く場合であれば内視鏡の介助をするのも当然仕事内容に含まれます。
内視鏡の介助というのは、内視鏡の器材の準備や検査中のドクターの介助をするだけではありません。
検査前には検査内容を患者さんに説明して、その不安を取り除く必要があります。
検査中には患者さんに異常がないか、痛みはないかなどをしっかりと観察していくことになります。
当たり前のことですが、検査後には器材の洗浄もおこなっていきます。
胃腸科の単科病院であれば、オペ室の配属になることもあります。
オペ室での器械出しや外回りなどをすることもありますので、胃腸科では思っている以上にいろいろな仕事をすることになるでしょう。

看護師転職・求人 診療科目別 胃腸科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

胃腸科への転職におけるアドバイスということなのですが、まず胃腸科で働く場合には勤務先として大病院を選ぶのは難しいと思います。
先でもお話ししましたが、胃腸科はやはり小規模な病院にしかないことが多いです。
そのため、胃腸科で働こうと思ったら小規模病院かクリニックを選ぶことになります。
求人をチェックしているとよくおわかりになるかと思いますが、条件としては大病院のほうが恵まれていることが多いです。
そのため、自分にとって理想的な好条件の求人を探すのは難しいかもしれません。
ただ、だからといって胃腸科の条件面が悪いということではありませんので、安心してください。
胃腸科で働くのであれば、胃の疾患と腸の疾患のどちらに興味を持っているのかを明確にしておきましょう。
もちろん、胃腸科ですから、胃の疾患も腸の疾患もどちらも扱っています。
ただ、その病院やクリニックの院長が胃と腸のどちらの専門なのかによって、どちらが多くなるのかが違ってくるのです。
胃の疾患に興味があるなら胃を専門としている院長がいるところ、腸の疾患に興味があるなら腸を専門としている院長がいるところを選ぶようにしましょう。
また、手術件数が多ければ多いほど、忙しくはなりますがスキルアップできる可能性も高くなります。
これは内視鏡に関しても言えることです。
スキルアップを特に重視したいという方であれば、年間の手術件数や内視鏡の検査件数などをチェックした上で選んでいきたいものです。
そして、胃腸科では、やはり患者さんの立場に立って物事を考えられる人や患者さんに共感できる人が求められます。
というのも、胃腸科の患者さんはその疾患によって絶飲食や流動食を強いられることもあります。
これは実際に経験したことのある方であれば、どれだけつらいことがおわかりいただけるでしょう。
食べたいのに食べられないというのは、とてつもないストレスになります。
患者さんのそういった部分を理解し、寄り添う姿勢が大切です。
また、胃腸科ではストーマを造設しなければいけない患者さんもいます。
もちろん、生きるためではあるのですが、やはりそれで悩む患者さんというのは多いものです。
日々の生活にも不安を抱えることになるでしょう。
このあたりは胃腸科ならではのストレスや悩みということになってくるのですが、それに寄り添うのが看護師の仕事でもあるのです。
患者さんの立場になってその気持ちを理解し、少しでもその負担を軽減できるように努めなければいけません。
看護師にそういった姿勢が感じられないと、患者さんはどんどん不安になっていきます。
さらに、胃腸科の看護師は観察力が求められます。
胃腸科ではオペをする患者さんがたくさんいるのですが、術後の合併症の危険性は常に付きまとうものです。
それを予防するためにも、やはり看護師がしっかりと患者さんのことを観察し、異常の早期発見に努めなければいけないのです。
仮に内視鏡室勤務になっても手術室勤務になっても、異常の早期発見のための観察力というのは絶対に必要となってきます。
胃腸科だからこその大変さというのもあるのですが、だからこそやりがいが感じられます。
何よりも看護師としてレベルアップしている自分を実感することができますので、モチベーションも高められるのではないでしょうか。
納得できる条件のところで長く活躍していきたいものです。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング