看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 脳神経外科

看護師転職・求人の診療科目別 脳神経外科

看護師転職・求人 診療科目別 脳神経外科 ある日のタイムスケジュール

看護師の方で脳神経外科への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。
実際に、脳神経外科で働いているというと看護師同士でも「頭がいい」「かっこいい」といった見られ方をすることが多くなります。
ここでは、実際に脳神経外科で働いている看護師の方のタイムスケジュールを一例としてご紹介していきましょう。
まずは、日勤のタイムスケジュールです。

7時00分 起床
ハードな仕事になりますので、早めに起きて朝ご飯はしっかりと食べておきます。

8時00分 出勤
病棟に行き、まずは患者さんの点滴のチェックなどをおこないます。

8時30分 申し送り
患者さんの人数やその状態などについて、申し送りを受けます。

9時00分 患者への声掛けなど
複数人の患者さんを担当することになりますので、患者さんひとりひとりに声をかけていきます。入浴できない重症の方の清拭や術後の方のガーゼ交換などもおこなっていきます。

11時30分 休憩
11時30分から12時30分、13時から14時の1時間でそれぞれ交代で休憩をとっていきます。なるべくしっかりと休むようにします。

12時30分 ミニカンファレンス
15分くらいで複数人の患者さんの看護計画の評価をおこなっていきます。それとは別に、ドクターから病状の経過と今後の治療計画を聞くカンファレンスもおこなわれます。

14時00分 検査出し
検査の指示が出ている患者さんをストレッチャーでレントゲン室などに連れて行きます。結構時間がかかりますので、忙しいときには大変です。

17時00分 勤務終了
勤務はこれで終了となるのですが、この時間で帰ることはほとんどありません。残業をして、看護記録や記録表を書いていきます。

18時30分 病院を出る
残業を終えて、ようやく病院を出ることができます。

19時30分 帰宅
帰宅したらゆっくりと体を休めます。忙しい日は本当にバタンキューになります。

では、次に夜勤のタイムスケジュールについてです。

15時00分 出勤
病棟へ行き、まずは患者さんの点滴のチェックなどをおこなっていきます。

16時00分 申し送り
日勤の方から申し送りを受けます。日中の過ごし方などから夜勤中の対応を考えていきます。

16時30分 患者さんへの声掛けなど
患者さんに声をかけて回ります。指示が出ている患者さんには点滴もおこなっていきます。もちろん、ナースコールにも対応していきます。

23時00分 オムツ交換
オムツ交換が必要な患者さんもいらっしゃいますのでそういった患者さんのオムツ交換に回りながら、患者さんの様子をチェックしていきます。

23時30分 仮眠
23時30分から5時00分の間で交代で仮眠をとっていきます。

1時00分 オムツ交換やナースコール対応
オムツ交換に回りながらナースコールの対応もしていきます。ナースコールの頻度は日によって違うのですが、あまりにも多いとやはり仮眠を十分にとることができません。

9時00分 勤務終了
勤務終了ではありますが、やはり残業をして記録を書くことになります。

10時00分 病院を出る
残業を終えて、病院を出ます。夜勤明けはぐったりなので、まっすぐ家に帰ってすぐに休みます。

脳神経外科への転職では、専門的な看護スキルを身に着けることができます。
これが大きなメリットになってくるかと思います。
脳神経に関する疾患の知識などは脳神経外科で学ばなければわからないことが多いので、日々の経験のすべてがとても貴重です。
脳というのは、言うまでもなく人間にとって重要なものです。
だからこそ、場合によっては一刻も早い処置というものが求められます。
緊急事態の際にはやはり残業も多くなります。
ただ、その分、お給料にしっかりと反映されます。
もともと看護師の平均年収というのはそれなりにあるものですが、脳神経外科の場合には急変などで長時間の勤務になる可能性がありますし、残業も増えますので年収も増えやすいのです。
また、患者さんの意識がない状態でモニターや全身状態をチェックして介助をおこなうことになりますので、脳神経外科で働く看護師というのはそれだけで信頼されるものです。
脳神経外科への転職というのは、看護師としての信頼やそれに見合うだけのスキルを身につけさせてくれるのです。
脳についての専門知識はもちろん、摂食・嚥下障害看護のスキルや脳疾患のリハビリができるというのは大いに役立ってきます。
認定看護師を目指している方にとっては、脳神経外科でのスキルは確実にプラスになります。
そして、脳神経外科への転職後、さらなるレベルアップを求めて転職を考える方もいるかもしれません。
脳神経外科での経験というのは、将来的な転職にも役立ちます。
今は脳神経外科で骨を埋める覚悟かもしれませんが、先のことはわかりません。
「脳神経外科で勤めていたのであれば大丈夫」と思われることが多いので、脳神経外科への転職というのは将来的な可能性をも広げてくれるものといえるでしょう。

看護師転職・求人 診療科目別 脳神経外科 転職・求人先と仕事内容

脳神経外科への転職にあたってポイントとなってくるのが、求人先です。
脳神経外科への転職を考えているのであれば、脳神経外科専門の病院や総合病院の脳神経外科病棟、外来、脳神経外科のクリニック、脳神経外科のリハビリ期・慢性期を専門とする病院などでの求人を探すことになります。
自分が何をしたいのかによって、求人先を選ぶようにしましょう。
脳神経外科での仕事内容は、基本的に他の診療科とそう大きく変わることはありません。
脳神経外科病棟の場合には、バイタルサインのチェックや医師の診療の補助、清潔ケア、食事介助、排泄介助、点滴、採血などが主な仕事になってくるでしょう。
そういった中で何が求められるかというと、まずは各種モニターをしっかり管理・観察することができるという部分です。
脳神経外科はやはり急変するケースが多いですし、いろいろなモニターが入っている患者さんも多いものです。
ICP(頭蓋内圧)モニターやAライン(動脈圧)モニター、心電図などが挙げられますが、これらのモニターを管理・観察することで、患者さんの急変にいち早く気づき、そこからスピーディーに適切な対処をすることが求められるのです。
また、言うまでもなく、患者さんやそのご家族の精神的な面でのケアも必要になってきます。
やはり脳に何らかの疾患があると、患者さんもそのご家族も大きな不安を抱えるものです。
それを軽減させるのが看護師の仕事でもあるのです。
場合によっては、脳の疾患のせいで患者さんの性格が変わってしまうこともあります。
そういった部分のご家族への説明も看護師がし、フォローしていかなければいけません。

看護師転職・求人 診療科目別 脳神経外科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

脳神経外科への転職にあたってのアドバイスということなのですが、まず脳神経外科というのは特に忙しいところです。
忙しいのが当たり前という意識を持っておいてほしいものです。
ただ、忙しいところにわざわざ転職しようという看護師の方はまれです。
そのため、脳神経外科での求人というのは忙しさに関してぼかしているところも結構多いようです。
だからこそ、たくさんの求人情報をチェックして、じっくり比較検討していきましょう。
基本的に脳神経外科の求人で、ずば抜けて条件がいいものというのは避けたほうがいいです。
もちろん、地域差といったものもあるのですが、そういった求人はその分、どこかにマイナスが隠れている可能性があります。
実際に、条件につられて転職後にそのギャップにショックを受けたという方もいます。
脳神経外科への転職を考えている看護師の方のほとんどは、やはり脳神経外科の分野を学びたいと思っているのではないでしょうか。
それならば、それを実現させてくれそうなところを探さなければいけません。
例えば、勉強会の時間の確保ができる、外部研修への費用や時間を負担してくれるといったところであれば、脳神経外科の分野をしっかりと学ぶことができます。
こういった看護師が学ぶための環境を整えている病院というのが理想です。
また、脳神経外科単科の病院を転職先とすれば異動の心配もありません。
最近では、脳神経外科単科の病院が多くなっています。
異動することなく、しっかりと脳神経外科を学びたいという方には脳神経外科単科の病院がおすすめです。
脳神経外科単科の病院であればさまざまな脳神経疾患の患者さんに出会うことができますし、脳神経外科を学び続けることができるのです。
脳神経外科の病棟がある病院は意外に少ないので、せっかく脳神経外科を学びたくて脳神経外科のある病院に転職したのに、すぐに異動になってしまった・・・というのはやはり避けたいところです。
同じ脳神経外科であっても、やはりドクターによってできることとできないことがあります。
そのため、ホームページなどをチェックして、「ここに転職したらどんな医療に携わることができるのか」といった部分をしっかりと見ておくようにしましょう。
特に、脳神経外科においてはドクターの資格の取得によってできる処置に大きな差が出てきます。
言ってしまえば、本当に学びたいことを学ぶことができるのかはドクターによるのです。
あとは、離職率についても注意しておきましょう。
脳神経外科というのは特に忙しい診療科なのですが、それでも人間関係が良好で条件面が恵まれていれば長く続けることができます。
一方で、忙しいだけではなく、人間関係も条件面も悪いということであればすぐに辞めてしまうでしょう。
脳神経外科に転職する以上は、やはり看護師の離職率が低いところを選ぶようにしておきたいものです。
脳神経外科での仕事というのはハードになります。
だからこそ、そのハードさの中でも長く続けられるような病院を見つけて、転職を成功させていきましょう。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング