看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 訪問看護

看護師転職・求人の診療科目別 訪問看護

看護師転職・求人の診療科目別 訪問看護 ある日のタイムスケジュール

最近では、訪問看護というものがよりいっそう求められるようになっています。
看護師の方の転職先としても、訪問看護というのが有力な候補になりつつあります。
実際に、訪問看護に興味を持っている方も多いでしょう。
ここでは、実際に訪問看護へと転職した方のタイムスケジュールをご紹介していきたいと思います。
基本的に夜勤はありませんので、日勤のみのタイムスケジュールになります。

8時00分 起床
転職前は6時半や7時に起きていたのですが、朝はゆっくり起きることができます。しっかりと睡眠をとらないとダメなタイプなので、とても助かっています。朝食をとって、余裕を持って準備していきます。

9時00分 業務開始
看護師としてちょっと遅めの9時から業務開始となります。

9時30分 利用者宅に到着
利用者様のお家に伺います。訪問看護を開始します。午前中はだいたい2件ほどの訪問介護となることが多いです。

12時00分 休憩
12時から休憩です。休憩後には、午前中の申し送りやカンファレンスもおこないます。ただ、そんなにバタバタすることはありません。

13時30分 利用者宅に到着
利用者様のお家に伺います。午後の訪問看護を開始します。午後も午前中と同じでだいたい2件くらいになります。

17時00分 勤務終了
17時で勤務終了です、訪問看護の記録記入をおこない、必要があればドクターやケアマネージャーへの報告もおこなっておきます。残業は正直なところ、結構多いかもしれません。

18時00分 帰宅
仕事帰りにスーパーやコンビニによって買い物を済ませて帰宅することが多いです。ときどきは、仕事帰りにそのまま外食することもあります。帰宅してからはゆっくり過ごします。朝が比較的遅いとはいえ、夜更かしはしないようにしています。

訪問看護に転職するメリットというのは、思っている以上にいろいろあるものです。
まず、人間関係によるストレスの軽減です。
もともと看護師の仕事というのはハードですから、それだけでも結構なストレスになります。
しかしながら、それ以上につらいのが人間関係でのストレスです。
実際に、仕事のストレスは耐えられるけど人間関係のストレスは厳しい・・・という方は多いものです。
基本的に訪問看護であれば、ひとりで患者さんのお家を回ることになります。
つまり、一般病棟のときのような人間関係の煩わしさから解放されることになるのです。
もちろん、だからといってストレスがまったくないわけではないものの、人間関係によるストレスが大きな負担になっていた方にとってはとても働きやすくなるでしょう。
また、訪問看護の場合、基本的には夜勤がありません。
夜勤というのは大変ではあるものの、やはり夜勤があるとお給料もアップします。
しかしながら、訪問看護であれば夜勤がなくとも比較的高収入が期待できるのです。
これまでお給料のために夜勤に耐えてきたという方も訪問看護であれば、夜勤から解放されるかもしれません。
ただ、夜勤がない分というわけではないのですが、残業も多くなります。
その点はしっかりと理解しておきましょう。
あとは、訪問看護であれば患者さんひとりひとりにしっかりと向き合うことができます。
実際に、この点に魅力を感じて、訪問看護への転職を考える方も多いのです。
やはり忙しいところで働いていると、患者さんのバイタルチェックやちょっとした挨拶程度で終わってしまうことも少なくありません。
訪問看護であれば、患者さんの不安をしっかりと聞いてあげることができますし、ご家族の方ともしっかりとコミュニケーションをとっていくことができます。
目の前の患者さんひとりひとりに集中し、しっかりと向き合っていけるというのは看護師としてとてもやりがいが感じられます。
看護師として失いかけていたやりがいやモチベーションを取り戻すことができるかもしれません。

看護師転職・求人 診療科目別 訪問看護 転職・求人先と仕事内容

訪問看護の求人先ということですが、基本的には訪問看護ステーションとなってくるでしょう。
今の時代、訪問看護ステーションがになっている役割というのはかなり大きいです。
看護師にとってはもちろん、患者さんにとっても大切な存在となっているのです。
事情があって病院で働くことのできない看護師にとっては本当にありがたい職場ですし、在宅で療養をしている患者さんにとっても欠かせない存在です。
訪問看護では、基本的に患者さんが在宅でも安心して療養生活が送れるように援助をしていくことになります。
患者さんのご家族が介護しているケースも多いため、患者さんだけではなく患者さんのご家族を精神的な面でも支えていきます。
ドクターとしっかり連携して、常に最善の看護サービスを提供し、患者さんと患者さんのそのご家族を心身ともにサポートするのが看護師の役目です。
具体的には、健康状態のチェックはもちろん、リハビリの補助指導や清拭、入浴、排泄、食事など日常生活全般の補助サポートをおこなっていきます。
留置カテーテルの管理や医療器具の管理、点検といったことも仕事内容に含まれてきます。
また、ドクターからの指示があればそれに従って処置もおこなっていきます。
床ずれの予防のための体位変換や床ずれの処置といったものもおこなっていきます。
患者さんのご家族の方には、日常生活における注意点や指導、アドバイスといったものをおこなっていきます。
患者さんは免疫力が低下していることが多いので、看護師は感染予防というものを常に意識しておかなければいけません。
外から菌を持ちこまないように、手洗いや体調管理にも気をつけていきます。
看護師のせいで患者さんが感染してしまうというのは、絶対にあってはいけないことです。
そして、当たり前のことなのですが、看護師は患者さんだけではなくそのご家族への精神的な面でのサポートもしていく必要があります。
ご家族とは言えど介護というのは大変ですし、それでなくとも今の時代は老老介護も問題になっています。
介護しているご家族のほうも体調を悪くしていることも珍しくありません。
大きな負担を抱えているご家族の方を支えるのも看護師の仕事なのです。
看護師が患者さんの看護をするのは限られた時間ですが、ご家族はそれこそ1日中介護をすることになります。
気持ちがあっても体力が持たないということもありますし、逆に体力はあっても気持ちが持たないということもあります。
患者さんのご家族でストレスを抱えていない方はまずいないでしょうから、その負担をできる限り軽くすることを考えていきたいものです。
ご家族を思いやる言葉や態度というのはもちろんですが、信頼関係を築けるようなコミュニケーションを取っていくことも求められます。
やはり気軽に悩みを相談してもらえるような関係が理想といえるでしょう。
実際に、看護計画というのは患者さんやそのご家族と一緒に相談して決めていくことになります。
こういったところも信頼関係というのは大切になってきます。
患者さんやそのご家族に看護内容や健康状態をわかりやすく伝え、患者さんにはやる気を持たせ、そのご家族には一緒に介護しているという連帯感を持ってもらうようにしましょう。
訪問看護では患者さんの処置や対応以外に、各種サービスのマネージメントや調整などもおこなっていくことになります。
一般病棟ではなかなか経験できないことになりますので、とてもやりがいを感じられることでしょう。

現役看護師からの転職・求人アドバイス

訪問看護への転職にあたってのアドバイスということなのですが、まずいわゆるブラックといわれるような訪問看護ステーションを避けることです。
一概には言えないのですが、立ち上げて間もない訪問看護ステーションやお給料がよすぎる訪問看護ステーションというのは注意しておいたほうがいいでしょう。
当たり前のことなのですが、経営者が利益優先の運営をおこなっているようなところも避けるべきです。
また、広いエリアでの訪問看護を担っているところも注意しておいたほうがいいでしょう。
訪問看護においては、やはり患者さんひとりひとりにしっかりと向き合うことができるという部分が魅力になってきます。
しかしながら、上記のような訪問看護ステーションになってしまうと、やはり患者さんひとりひとりと向き合うということが難しくなってくるのです。
そこに悪意があろうとなかろうと、患者さんを大切にできないような訪問看護ステーションにはやはり転職すべきではありません。
患者さんのことを考えるのであれば、好ましくない訪問看護ステーションを避けて転職すべきです。
逆に、どういった訪問看護ステーションであれば働きやすいかというと、サービス付き高齢者向け住宅などをメインに回っているところや夜間のオンコール体制がないところ、役割分担がしっかりとしているところ、ドクターのバックアップや緊急の際の対応などがしっかりしているところ、経営母体が大きく経営者が医療に精通しているところ、転職前に見学や体験ができるところが挙げられます。
患者さんひとりひとりに向き合うことができて、かつ、長く働けるような環境が整っているところを見つけていきましょう。
特に、転職前に見学や体験ができるところというのは大きなポイントになってくるかと思います。
転職前に見学や体験ができると、実際に転職した後にどのような感じになるのかという部分をイメージしやすくなります。
訪問看護の仕事というのは一般病棟とは違った経験ができますし、その分、責任も大きくのしかかってきます。
しかしながら、それが看護師としてのレベルアップにもつながりますので、いい訪問看護ステーションを見つけて転職を成功させていきましょう。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング