看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 集中治療室

看護師転職・求人の診療科目別 集中治療室

看護師転職・求人の診療科目別 集中治療室 ある日のタイムスケジュール

集中治療室への転職を考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。
看護師の活躍の場というのはさまざまですが、その中でも特にハードされているのが集中治療室です。
ここでは、実際に集中治療室で働いている看護師の方のタイムスケジュールを一例として挙げてみましょう。
こちらは日勤のみのタイムスケジュールになりますが、やはり通常は集中治療室では夜勤も発生してきます。

6時30分 起床
早めに起きて、ゆっくりと朝食をとります。できるだけ余裕を持って出勤できるようにしています。もちろん、出勤してしまうと忙しくてゆっくりしている暇がないのでせめて朝くらいは・・・という気持ちもあります。

8時00分 出勤
出勤し、素早く着替えたら、受け持ち患者さんの情報収集をおこなっていきます。

8時30分 PNSのペアで患者さんの状況を確認
患者さんの状況を確認していきます。

9時00分 患者さんのバイタルサインチェックなど
患者さんのバイタルサインチェックをはじめ、モニターや点滴、人工呼吸器などの管理、転棟の準備や転棟、患者さんへの医療処置やICの立会、緊急オペの準備やオペ出しの仕事をおこなっていきます。やることが多く、とにかく忙しいです。

11時30分 休憩
11時30分から1時間ほど休憩をとるのですが、忙しい場合には30分でも休憩できればいいほうです。

13時30分 カンファレンス
カンファレンスをおこなっていきます。病態や看護計画、ケア、退院調整、今後の方向性などを話し合っていきます。

14時30分 患者さんのバイタルサインチェックなど
患者さんのバイタルサインチェックをはじめ、処置や点滴、環境整備などもおこなっていきます。

15時00分 死後の処置対応
集中治療室では患者さんの死に直面することも珍しくありません。死後の処置対応もおこなっていきます。夜勤の方への申し送りもおこなっていきます。

16時30分 記録
記録が終了すれば帰宅できるのですが、患者さんが急変した場合には当然残業をすることになります。

17時30分 業務終了
業務終了です。着替えて帰宅します。

18時30分 帰宅
必要な買い物は帰宅途中で済ませて、家に帰ったらとにかくゆっくりします。お風呂では湯船にしっかりとつかって、早めに寝ます。

集中治療室で働くメリットとしては、やはり看護師としてのレベルアップです。
はっきり言って、集中治療室で働いてレベルアップしない看護師というのはいないと思います。
それほどまでにやりがいのある仕事なのです。
患者さんの急変も珍しくありませんので、臨機応変な対応が嫌でも身につきますので、どんなときでもすぐに対応できる看護師を目指すことができます。

看護師転職・求人 診療科目別 集中治療室 転職・求人先と仕事内容

基本的に集中治療室というのは急性期病院にしかありません。
外来がありませんので、求人先というのは急性期病院に限られてきます。
集中治療室の仕事内容についてですが、集中治療室では急性期の患者さんを24時間体制で管理し続け、高度な医療機器を使いながら看護をおこなっていくことになります。
患者さんの死と隣り合わせの仕事になります。
症例もさまざまで、常に緊迫感があります。
そのため、集中治療室でルーティンワークというものはあまりないものと思っておいていいでしょう。
集中治療室には、それこそ日中や夜間に関係なく急患が運ばれてきます。
救急外来から来る患者さんに対しては、救急外来の看護師との申し送りをおこなっていきます。
救急外来に運ばれてきた時点での情報を看護師が確認していきます。
一般病棟から急変し、運ばれてくる患者さんについては、ドクターの指示で突然運ばれてくるものと緊急コールが全館放送で流れて運ばれてくるものがあります。
救急患者の受け入れや情報の確認をおこなった後に、看護師は患者さんのバイタルサインを取り、ドクターの指示に従っていきます。
運ばれてきた患者さんに対して、緊急オペをすることも多くなります。
オペの指示が出たら、すぐに集中治療室の看護師はオペ出しの準備をおこなっていきます。
準備内容としては、患者さんのバイタルサインを取る、オペ着への着替え、患者さんの清拭、手術室看護師への申し送りといったものをおこなっていきます。
特に、緊急のオペの場合には、患者さんのご家族も動揺しています。
そのため、看護師は患者さんの対応だけではなく、ご家族対応も十分におこなっていく必要性があります。
ご家族には入院申し込み書や手術・麻酔の同意書などの書類への記入もお願いすることになります。
緊急オペが終了したら、手術室看護師から申し送りを受けます。
患者さんやそのご家族への説明はドクターがおこないます。
看護師は集中治療室でバイタルサインをすぐに測定し、モニターを付け酸素ボンベや点滴架台も病棟のものに交換していきます。
術後はかなりバタバタします。
特に、術後のinoutバランスは特に正確におこなっていきます。
人工呼吸器の設定などドクターの指示で設定しますので、こちらもダブルチェックをおこなっていきます。
設定とは異なるようなことがあった場合には、すぐにドクターに指示を仰ぎます。
患者さんの状態もこまめにチェックしていきます。
もちろん、患者さんの消毒や定期的なガーゼの交換といったものも仕事になってきます。
採血やインシュリン、経管栄養などもおこないます。
患者さんの状態によっては一般病棟でおこなうような医療処置をおこなうこともあります。
そのため、当然ですが基本的な医療処置もできなければいけません。
朝の申し送り終了後や夕方には各科のドクターが回診に回ります。
その際、inoutバランスをはじめ、患者さんの状態やバイタルサインをドクターに報告するのが集中治療室の看護師の仕事でもあります。
新たにドクターからの指示が出れば、それにも対応していきます。
1日に何度も指示が変わることも珍しくありません。
患者さんの食事や排泄、清拭、入浴、移乗介助など日常生活の看護をおこなうのは一般病棟と同じです。
ただ、食事や入浴介助よりも、清拭や排泄介助などが多くなるかとは思います。
集中治療室での治療がうまくいって、患者さんの状態が安定してくると一般病棟へと移動することになります。
その際に、一般病棟の看護師と申し送りをおこないます。
病室が空いたらその片付けをして、次の患者さんがいつ来ても受け入れられるように環境整備もおこなっておきます。
また、当たり前のことなのですが、集中治療室ではやはり急変する患者さんが多くなります。
常に急変時の対応ができるように準備しておく必要があります。
救急カートのチェック、薬の薬効、心肺蘇生法といったものも勉強し、いつでも実践できるようにしておきましょう。
集中治療室では、やはり患者さんの死に直面することもあります。
患者さんの死後の処置も集中治療室の看護師の仕事です。
患者さんへのエンゼルケア、浴衣を着ていただく、お化粧をする、霊安室への移動といったものをおこない、この後にはご家族との時間を過ごしてもらいます。
ご家族から葬儀屋さんにご連絡をしていただいて、お迎えが来たら死亡退院という形になります。

看護師転職・求人 診療科目別 集中治療室 現役看護師からの転職・求人アドバイス

集中治療室への転職にあたってのアドバイスということなのですが、まずは生半可な気持ちで転職しないということです。
特に、集中治療室というのは厳しいところです。
きちんと覚悟を持った上で、集中治療室への転職を目指していきましょう。
転職先として集中治療室を選ぶ際には、その病院の規模や病床数をチェックするようにしましょう。
病院の規模が大きいと、やはりそれだけ重症な患者さんが多くなりますし、難しい手術もたくさんおこなわれることになります。
集中治療室に入る患者さんも重症な方が多くなります。
最先端の医療をおこなうことにもなりますので、積極的にスキルアップを目指していくのであればやはりできるだけ大きな病院を選ぶといいでしょう。
また、病床数が多ければ、それだけ数多くの症例を学ぶこともできます。
看護師としての経験値につながってきます。
ただ、中には熱意はあるものの集中治療室でやっていけるか不安があるという方もいるでしょう。
そういう方は、小規模な病院の集中治療室を選ぶといいかもしれません。
病院内にCCUやSCUがあるかどうかもひとつのポイントです。
CCUは「Coronary Care Unit」ということで循環器系疾患専門の集中治療室、SCUは「Storoke Care Unit」ということで脳卒中専門の集中治療室になります。
CCUやSCUがある病院は、集中治療室を細分化することによって診療科や疾患ごとに専門的で高度な医療をおこなうようにしています。
そのため、最先端の医療をおこなっているでしょうから、最先端の医療現場での経験を積むことができるのです。
あとは、HCUは併設されているかもポイントになってきます。
HCUは「High Care Unit」の略で、集中治療室と一般病棟のちょうど中間的な存在です。
集中治療室にHCUが併設されている場合には、集中治療室の看護師やHCUの患者さんの看護もおこなっていくことになります。
そのため、重症の患者さんだけではなく、すぐに一般病棟に移れるような比較的症状の軽い患者さんの看護もできるのです。
重症の患者さんの看護にこだわるのであればHCUが併設されていないところがいいかもしれませんが、HCUが併設されていると患者さんとしっかりとコミュニケーションをとりながら働くことができます。
集中治療室への転職を考える場合、看護師としてのスキルアップやレベルアップといった部分だけではなく、このように患者さんとどのように接していくかという部分も考えていきたいものです。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング