看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の資格別 保育士

看護師転職・求人の資格別 保育士

看護師転職・求人 働き方 保育士 ある日のタイムスケジュール

看護師から保育士としての転職に成功した人の一日のタイムスケジュールを紹介します。

保育士とは、乳児から小学校就学(0歳〜6歳)までの幼児を保育する為に必要な保育士資格を持った方を指します。保育士資格は取得すれば更新がない資格のため、国家資格として一生の財産になる資格でもあります。

その中でも今回は看護師から保育士へ転職した人のスケジュールと仕事を紹介していきます。

5時45分 起床・朝食
保育士の勤務体系は園によってことなりますが、私のところは早番と遅番があります。私は今日は早番なのでこの時間に起きることになります。かなり早い時間なので目覚ましをかけて寝坊しないように気をつけています。保育園で早番のときは、看護師時代の日勤よりも起きるのが早い時間になります。
朝起きたら顔を洗って朝食をとって、コーヒーを飲んでゆっくりして、準備をして出勤です。

6時45分 出発
保育園までは車で向かいます。だいたい15分くらいかかります。

7時05分 到着
保育園に着いたら、ロッカーに行き着替えて、職員室に行って今日やることの準備をします。クラス担任をしているのでクラス活動のための準備をしていることが多いですね。

8時30分 園児登園
園児を預かり、親からの伝言を確認します。病気の子供がいたら症状を聞きますし、家での様子など、親との会話もとても大切な仕事です。ここは看護師の経験が役に立っています。

8時30分 朝礼
早番でも遅番でもない通常勤務のスタッフがきて朝礼と申し送りをします。自分が親から預かった園児の伝言や、園児がきてからの様子を伝えていきます。

9時30分
この時間になると、園児もだいたい登園してきていて忙しくなってきます。自由遊びの時間と、残りの園児の預かり業務をこなしていきます。

10時30分
年齢に合わせたクラス活動を開始します。私も担当があるので、前日までに決めたスケジュールを元に保育をおこなっていきます。散歩や絵を書いたり、粘土で制作をしたり、年長の担任なのでクラスのみんなとまとめつつ、やりたいことをやらせてあげています。子供と接するのはとても体力を使うので、この時間にはヘトヘトになっています。

12時半 給食
給食の準備をして、みんなで一緒に昼食をとります。いろんな子がいるので、食の進み具合を見ながら園児の様子、体調の変化などを観察します。看護師だったときの職業病でしょうか、常に体調面の変化を気にしてしまいます。ですが、保育の現場ではこれも大切なことなのです。

食べ終わったら後片付けをして昼寝の準備です。園児が昼寝をしたら自分たちの休憩が少しとれます。でも本当に少しだけで、そのあと、昼寝の時間が終わる前に事務処理、親への連絡など、雑務をこなしていきます。園児が置き始めたら他の仕事はできないですからね。

もちろん寝ている間の見張り役の保育士もいます。それは交代でやっていきます。

15時
昼寝の後片付けをして、おやつの時間になります。おやつを一緒に食べているときはかなり癒されます。この時間までアッという間に過ぎています。

16時
親が迎えに来る時間帯なので、園児を引き渡して、親との会話をします。親との会話は朝も夕も神経を遣いますが、保育士の大切な仕事です。ときにはクレームを言われることも…。

16時30分 仕事終了
早番は仕事が終わる時間です。残業がなければこの時間にあがれますが、どちらかというと遅番の方が忙しいため、人手が足りないときはそのまま残ります。事務処理が残っていたり、途中で具合が悪くなった園児がいたりしたら園長の指示で残業になる、といった感じです。とはいえ残業は最大でも19時くらいまでなので、看護師のときよりはいいのかなとも思います。

17時30分 帰宅
子供はいませんが結婚しているので、家に帰って家事をします。夕食の準備と洗濯、掃除などです。看護師時代よりは規則的に生活して、家事もやれています。

19時 夕食
家族で夕食を食べてゆっくり過ごします。看護師をやっていたときも小児科だったため子供の扱いは慣れていますが、それでも元気な子供と一日中一緒なのでかなり体力をつかいます。転職した当初は筋肉痛になったりしてけっこうきつかったのを覚えています。今ではだいぶ慣れました。

23時 就寝
次の日が遅番のときも、寝る時間は同じにして、体のリズムを一定にする工夫をしています。睡眠をたっぷりとって体力回復です。

以上になります。小児科での経験を活かして保育士という仕事に転職しました。仕事内容は全く違うのでかなり大変ですが、大好きな子供に関する仕事なので、やりがいと充実感を感じています。看護師の転職で保育士になるというのはあまり一般的ではないと思うかもしれませんが、私はオススメだと思います。

看護師転職・求人 働き方 保育士 転職・求人先と仕事内容

看護師から保育士として転職するなら、転職先は保育園などの保育施設になります。規模の差によって仕事内容が若干変わりますが、基本的には子供の保育に従事することになります。

保育士として働くためには、保育士の資格(国家資格)が必要となります。資格を取得していなければ、保育士として働くことはできません。保育士の資格を取得する方法は2種類です。大学、短大、専門学校などの保育士養成課程で所定の課程を修了するか、保育士試験に合格するかです。

保育士試験の方は短大卒以上であれば誰でも受けられるため、看護師や社会人からの転職の場合はこちらのルートを選ぶのが一般的です。試験の難易度は高く、合格率も10%前後とかなり低めですが、看護師をしながら通信講座などで勉強をして保育士の資格をとることは十分に可能です。

また、看護師の資格を持った保育士というのは現場でかなり重宝される傾向にあり、どこも優先的に採用してくれます。というのも、保育園は看護師資格を持った人を配属しなければいけないという決まりがあるため、看護師経験があるというだけでかなり優遇されるわけです。

仕事内容は、入口で園児の送り迎え、自由時間の見守り、クラス活動の提案と実行、昼食の準備、お昼寝の準備と見守り、親御さんとのコミュニケーションと伝言、などです。

給与の方は園によってまちまちですが、一般的な看護師の給与よりは低くなります。夜勤手当がつかない影響もあるのだと思います。ただ、看護師資格を持っていれば手当がついたり、基本給が高くなることもあるので、転職サイトなどでしっかりとチェックすることが大切です。園によっては破格の給料を提示しているところもあるようです。

あとは、保育園は土日祝日が休みで、夜勤がないというところがほとんどのため、ライフワークバランスを重視するのであれば保育園に転職する価値は十分にあります。プライベートな時間は看護師よりもとりやすいので、家族がいる人、子育て中の看護師の転職先としてもオススメすることができます。

看護師転職・求人 働き方 保育士 現役看護師からの転職・求人アドバイス

保育士として保育園への転職に成功した私から、転職に関するアドバイスをお伝えしていこうと思います。

私は元々大学病院で看護師をしていました。そこから保育士の資格をとって今の保育園勤務に至ります。

元々子供に関わる仕事がしたいということもあり、病院では小児内科で勤務していました。看護の現場では注射や投薬治療などの基本的な治療でも、相手が子供だとうまくいかないことが多く(暴れたりするため)、凄く勉強になりました。

大きな不満はなかったので、このまま小児科の看護師を続けるという道もありましたが、もっと子供と深く関われる仕事に就きたいと考え、保育園に転職することにしたんです。次は元気な子供と接するのがいいかなという単純な動機です。
そのためにはまずは保育士の資格をとるのがいいかなと思い、看護師をしながら通信講座を受けて、無事試験を受けて合格することができました。保育士の国家資格は、通信講座だけだとかなり合格率が低いと聞いていたのであまり自信がなかったのですが、勉強したかいがありました。

転職サイトでは保育園の募集はたくさんあり、看護師の経験があるというと凄く好印象でした。
給料などの総合面で判断して今の園を受けて合格し、現在もそこで勤務しています。

私の勤務している保育園はけっこう大きく、たくさんの保育士が働いていますが、看護師経験があるスタッフは私だけです。子供が怪我や病気になってしまったときは、他のスタッフからも頼られるため、必要としてもらえる実感がもてますし、責任を感じて仕事ができています。

仕事内容は病院と全く違い、クラス担任になって子供たちをまとめあげています。子供は目を離すと何をするかわからないため、いつも目を光らせて自分でも楽しみながら保育をおこなっています。仕事内容は違うとはいえ、子供の扱いは看護師での経験が活きていると思います。

転職の際のアドバイスを伝えます。子供が好きという気持ちがあるなら、保育士の仕事はオススメできます。看護師の経験が活かせますし、人手も足りていません。夜勤がないというのもオススメできるポイントです。看護師をしながら保育士の資格をとれば、転職先の候補もすぐに見つかると思います。
あとは、給料は看護師よりも低くなってしまうことがあるので、転職サイトでできるだけ条件の良いところを探すことが大切ですよ。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング