看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の資格別 助産師

看護師転職・求人の資格別 助産師

看護師転職・求人 働き方 助産師 ある日のタイムスケジュール

助産師として、総合病院の産婦人科に転職した人のある日のタイムスケジュールをお伝えしていきます。

助産師は、看護師の免許取得者が、指定の養成期間で1年以上の教育と実習を行った後、助産師国家試験を受けて取得できる資格になります。

今回は、助産師に転職した看護師の一日を紹介していきます。

6時30分 起床・朝食
私が勤務しているのは総合病院の産婦人科です。総合病院なので日勤のときは勤務時間は他の科目の看護師と同じですね。朝はこのくらいの時間に目が覚めます。

7時 準備
朝ご飯を食べて、着替えて身だしなみを整えたら、あとはカバンを持って出勤するだけです。

7時25分 出発
車通勤なので、車に乗って20分くらいの道のりを運転します。前に勤務していた病院と距離はあまり変わりません。

7時45分 到着
従業員専用の駐車場に着いたらすぐに更衣室(ロッカー)に向かいます。ロッカーで仲の良いスタッフと会話しながら準備をする流れです。産婦人科には同じ助産師の資格を持ったスタッフが多いです。

8時05分 ナースステーション到着
着替えが終わったら、ナースステーションに向かいます。早めに行って同僚と話したり、仕事の準備を進めておきます。

8時30分 申し送り 勤務開始
夜勤の人から引き継ぎを受けて、今日出産する可能性のある患者さんを把握しておきます。新生児も入院しているので引継ぎを受ける項目はたくさんあります。今日の分娩室の空き状況もチェックします。助産師と言っても婦人科も含めた産婦人科なので、看護師としての業務と助産師としての業務の両方をこなします。

まずはバイタルチェックなどの基本的な業務です。点滴も準備します。入院している患者さんは出産が近かったり、母体もしくは胎児になんらかの疾病を抱えているので、しっかり状態をチェックして、いつ子供が産まれてもいいように備えるのです。

9時 分娩
どの作業中であっても、分娩(出産)がある場合、分娩室に入ることがあります。私は助産師なので、子供が産まれる現場には当然優先的に配置されます。その他の業務は助産師ではない看護師の人にお願いする形ですね。
やっぱり新しい命の誕生は神秘的だと感じます。一回一回の出産に全力を傾けます。

11時
分娩がないときは入院患者さんのケアに入っていきます。母親の体調管理や栄養指導、授乳介助や沐浴、オムツ交換、栄養指導なんかもおこないます。
心のケアもしっかりとおこない、出産後も出産前も元気に退院してもらえるようにします。同じ女性なので母親の気持ちになって、納得してもらえる治療をおこなっていきます。

11時30分
この時間から順番に休憩をとっていきます。昼食の準備と配膳、薬の準備、点滴の準備などもあるのでかなり忙しいです。この間にも出産があればそちらを優先していきます。休憩のときは一緒になった人とワイワイ話しながら食べていますね。

13時 午後の勤務
午後の勤務に入る前にミーティングをして、病気の患者さんの様子、経過などを話し合います。仕事は基本的にやることは変わりません。看護、お産、看護、お産の繰り返しです。もちろんお産がない日もあります。

性病や子宮ガン健診、中絶手術の補助をすることもありますが、忙しいときは看護師に任せます。

産婦人科は産科と婦人科がくっついているのでやることや覚えることの幅がけっこう広いです。ただ、知識と経験を得ながら助産師としての仕事もやれるので凄くやりがいがある現場です。

16時
この時間から看護記録などの入力に入りますが、仕事はたくさんあるので、なかなか落ち着ける時間はありません。その辺はチームで協力してやっていくしかありません。

17時 申し送り
夜勤の看護師が出勤してくるので、申し送りに入ります。子供が産まれた母親のこと、新生児のこと、伝えることはたくさんあります。

17時30分 終業
この時間で勤務終了です。分娩室に入っているときは残業になりますが、どちらかというと残業は少ない方だと思います。忙しい日を除いては定時で帰ることができます。ただ、その分オンコールと呼ばれる自宅待機勤務がある日もあります。

18時30分 帰宅
勤務が終わったら更衣室に行って着替えてから病院を出ます。たまに同僚と話し込んでしまうこともありますが、基本的にはすぐに帰ります。一人暮らしで結婚していないのでさみしい限りです。

19時 夕食
たまに友達と食べることがあっても基本は一人で自炊して一人で食べます。

20時 自由時間
ここからが自由時間です。産婦人科の仕事はハードなのでできる限りリラックスして体を休めるようにします。

0時 就寝
次の日に備えてこの時間に寝ます。

以上になります。助産師として転職して良かったのは、もちろん助産行為ができることに尽きます。それをするために助産師になったわけですからね。総合病院の産婦人科だとそれ以外にも仕事はたくさんあるため、さらなるスキルアップにも繋がっていると考えています。

看護師転職・求人 診療科目別 助産師 転職・求人先と仕事内容

助産師として資格を活かして転職できる場所はいくつかあります。総合病院の産婦人科、クリニックの産科、周産期母子医療センタ—などの専門施設、総合病院のNICUなどです。

総合病院の産婦人科は最も一般的な現場で、出産の手助けをするための助産師としての王道の転職先であると言えるでしょう。クリニック、助産院などの小さな施設では、医師がいないときに助産師が一人で判断していく場面が非常に多く、責任は重大です。その分経験ある助産師が求められていると言えるでしょう。

周産期母子医療センタ—などの専門施設は、ハイリスクな妊娠やお産、新生児に対応する高度周産期医療を行える医療施設のことを言います。他院からの緊急搬送もありますので、急に病棟内があわただしくなることもありますが、それだけいろいろな場面を経験できるので、助産師としての経験値は確実に上がるでしょう。施設の数は少ないので転職の門は狭い傾向にあります。

最後に、総合病院のNICU、GCU科目などがあります。新生児集中治療室なのでお産に関わる現場ではありませんが、新生児に関する知識がある助産師が配属されることもあります。お産に関わることはできませんが、助産師が母乳や授乳のプロフェッショナルとして、活躍が期待される働く場所です。

どの施設への転職であっても、基本的な仕事内容はお産がメインです。それに追加して看護師としての仕事が加わってくると考えておけばいいでしょう。

今現在看護師として働いていて、助産師になりたいということであれば、まずは国家資格を受けるための受験資格を得なければいけません。助産師国家試験受験資格を得るためには、看護師国家試験受験資格取得後、保健師助産師看護師法によって、1年以上必要な学科を修めることが必要と定められています。学校に行く必要がありますので、けっこうな覚悟が必要です。ただし、病院によっては継続勤務を条件に学校に行く際の援助をしてもらえる場合がありますので、今勤務している病院で聞いてみるのもいいと思います。

助産師の給料は一般的な看護師よりも高く、どの施設であっても優遇されていると言えます。ただしその分仕事内容がハードに感じる人も多いというのは覚えておきましょう。看護師から助産師への転職を目指すのであれば、助産師になりたいという強い意志があれば転職も成功しやすいです。

看護師転職・求人 働き方 助産師 現役看護師からの転職・求人アドバイス

ここからは、実際に産婦人科への転職に成功した私からの転職、求人のアドバイスについてお伝えしていきます。

まず、看護師から助産師への転職なのか、助産師から助産師への転職なのか、これによって転職活動の仕方が変わってきます。

看護師をやっていて、既に助産師の資格があるのであれば、まずは総合病院の産婦人科を一番にオススメします。幅広い分野で患者さんに接することができますし、知識や経験が一気に身に付きます。
私の場合がそうで、元々総合病院の産婦人科にいたのですが、助産師の資格を取るために退職し、助産師になった後で別の病院へ転職しました。

産婦人科で看護師をしていたときから助産師へのあこがれがあったので今はとても満足しています。

助産師から助産師へ転職するのであれば、自分の仕事のスタイルに合わせた施設を選んだほうがいいでしょう。助産師が少ないような現場だとかなり責任が重いので、経験はつきます。逆に、助産師が多く、状況が悪いお産が少ないような現場だと体力的には楽だと思います。
転職の際は病院の雰囲気、実際現場はどういう感じなのか、できる限り細かく知ったうえで転職することで、入った後に後悔することがなくなるでしょう。

そして、もし今から助産師を目指すのであれば、看護師として産婦人科に入るのが一番の近道です。産婦人科なら現場で助産師の仕事を見ることができますし、なにより病院によっては、助産師学校へ通っている間の支援がある場合もあるのでそれを利用するのがいいと思います。

命を取り上げるという責任重大な仕事ですが、とてもやりがいがありますし、なによりその現場に立ち会えるというのはとても良い仕事だと思っています。
みなさんの転職活動の成功を祈っていますね。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング