看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の資格別 認定看護管理者

看護師転職・求人の資格別 認定看護管理者

看護師転職・求人 働き方 認定看護管理者 ある日のタイムスケジュール

認定看護管理者としての転職に成功した看護師の一日のタイムスケジュールを紹介します。

認定看護管理者とは、看護師長や看護部長など、管理職としてスタッフや部署・病院の運営にも関わる役割を持つ看護師のことを指します。そして認定看護管理者は、「看護管理者」のスペシャリストです。看護師として上を目指すならより確実なキャリアアップのために必要な資格だと言えます。認定看護管理者は英語で「Certified Nurse Administrator」と表記され、現場ではCNAと呼ばれています。

その中でも今回は認定看護管理者として看護師長をする看護師の一日の仕事を紹介していきます。

6時30分 起床・朝食
私が勤務しているのは総合病院の小児病棟です。師長といっても重役出勤というわけにはいきません。この時間に起きて朝食の準備をします。その後はコーヒーを飲んだら化粧をして仕事の準備をします。

7時30分 出発
車通勤なので病院まで車で通います。約20分くらいの道のりです。

7時50分 到着
病院の駐車場に着いたら、すぐに病棟のロッカーに向かいます。ロッカーに着いたら着替えて準備はできました。

8時 小児科に到着
着替えが終わったら、ナースステーションに向かいます。着いたらすぐに周りをみて夜勤の看護主任と個人的な引継ぎ作業に入ります。

8時30分 勤務開始
勤務開始時に、夜勤の人から申し送りを受けて看護師全員に指示を出していきます。細かな指示はリーダーが出すので、引継ぎに不備がないかチェックします。
看護師を業務に送り出したら、医師との打ち合わせに向かいます。一日の流れは認定看護管理者でなくとも、師長であれば同様ですが、一つ一つの作業にたいする理解度が、認定看護管理者を取得することによって深まりました。

医師と打ち合わせが終わったらそれを各看護師へ伝達します。現場に行って医師と一緒に指示を出すこともあります。

その他には看護師としてラウンドに加わることもありますし、看護師からの疑問、報告がどんどんあがってくるので息つく暇がありません。

10時
あらかた指示を出し終えたところで時間を見つけてはデスクワークに入ります。
看護師長は医療事故を防止するために、薬剤や医療器具の正しい管理方法を定めて現場の部下に徹底させます。認定看護管理師の資格取得でも多いに勉強するのですが、「インシデントレポート」の作成と共有はとても大事な仕事のうちです。
インシデントレポートとは、医療事故や患者に障害を及ぼすには至っていない誤った医療行為や、看護師がヒヤリとした場面の情報共有と分析のための報告書で、医療ミスに繋がる前の段階のちょっとしたミスから徹底的に排除していきます。これを元に看護部長と打ち合わせを重ねて、現場の医療の質の向上をはかっていきます。

11時
昼食の準備、服薬、インスリン注射などの準備をします。最近では薬、点滴関連のミスを未然に防ぐよう看護部全体で力を入れており、薬を準備する際の細かなルールを徹底させています。

この時間から休憩をまわしていくのでそのためのシフトを作成します。もちろん自分も休憩をとります。忙しいときは食事するヒマがないですが…。

13時 午後の勤務
午後も内容は変わりませんが、ミーティング、そして会議が入ってくることがあります。中間管理職として医師、部長、そして現場の看護師との橋渡し役をやっていきます。

業務の指示を出しつつも、午後はデスクワークがメインになります。
その他には看護師のシフト表の作成もします。これがけっこう複雑でかなり大変です。

17時 申し送り
夜勤で来る人への申し送りに入ります。昼間にあったことで気になることは個別に聞いて、引継ぎに不備がないかも確認します。

17時30分 終業
残業がない日はこの時間で仕事終了になります。認定看護管理者の資格を取った後は、残業時間の削減にも取り組んでいるのですが、なかなかうまくいかず、残業になってしまうときも多いです。

19時 帰宅
帰宅したら何よりも早く夕食を食べてすぐにシャワーを浴びます。時間があるときは湯船につかって疲れをとります。仕事は家に持ち込まないようにしていますが、どうしてもというときは家でやることもあります。

2時 就寝
長い残業の後は睡眠時間を削ることになりますが、少しでも睡眠の質を高めてしっかりと休むようにしています。

以上になります。認定看護管理者の資格をとるために大学院に入って転職して現場に戻ってきた感じですが、仕事は充実していてやりがいはあります。給料も良いので認定看護管理者の資格はキャリアアップを目指すならオススメできます。

看護師転職・求人 働き方 認定看護管理者 転職・求人先と仕事内容

看護管理者とは、看護師長や看護部長など、管理職としてスタッフや部署・病院の運営に携わる役割を持つ看護師のことを指します。転職先も当然管理職としての業務となっており、総合病院など大規模な病院がほとんどです。小さな病院やクリニックは看護師長や看護部長のポストがなく、求人もほとんどありません。総合病院であっても募集人数が限られているため、狭き門であることは間違いありません。

認定看護管理者になるには、まず通算5年以上の実務経験が必要になります。その後は一定の要件を満たして取得します。一定の要件とは、

要件1:認定看護管理者教育課程サードレベルを終了している者。

要件2:看護系大学院において看護管理を専攻し修士号を取得している者で、修士課程修了後の実務経験が3年以上ある者。

要件3:師長以上の職位で管理経験が3年以上ある者で、看護系大学院において看護管理を専攻し修士号を取得している者。

要件4:師長以上の職位で管理経験が3年以上ある者で、大学院において管理に関連する学問領域の修士号を取得している者。

のいずれかをクリアしていることで、「ファーストレベル」「セカンドレベル」「サードレベル」と呼ばれる認定看護管理者における独自のカリキュラムを受講する必要があります。

看護師としてトップキャリアにあたるのが認定看護管理者になるため、当然条件は厳しく、現在看護師をしていて、そのうえで目指すのであれば、現場での経験に加えて修士号の取得が必須になります。

認定看護管理者の仕事内容としては、看護師のマネジメント、病棟全体の看護レベルの向上、医療事故の予防、看護部長や医師との調整が主な仕事になります。看護師だけでなく、病院として考えたときにどう看護業務をこなしていくかということを考える仕事で、一般的な会社で言うところの課長、部長という立ち位置になることになります。

転職という側面に焦点をあたると、看護師から認定看護管理者になるか、認定看護管理者から認定看護管理者への転職の2パターンになります。前者の方は資格取得の難易度が高く、病院の支援なしに資格を取得した場合は転職先がかなり限られますし、後者の場合であっても、求人の数は限られます。
ですので、現在看護師で将来的に管理者を目指すのであれば、まずは看護師として転職するか、今のところで経験を積んでから、病院の支援を受けて資格を取得してまた同じ病院へ戻るというのが確実な道になるでしょう。

給与水準は一般的な看護師よりも高く、管理職としての手当もつくのでかなりの高額になる人もいます。
管理職なので現場での仕事は少なくなりますが、それでも師長であれば現場の仕事もこなしつつという人がほとんどのため、体力的にも精神的にもハードな仕事であることは変わりません。

休日や夜勤の有無は病院によりけりですが、夜勤は管理職になると少なくなる傾向にあります。

認定看護管理者は看護師としての最終キャリアですので、より上を目指したいという人は取得を目指し、そして転職でも役立てて下さい。

看護師転職・求人 働き方 認定看護管理者 転職・求人先と仕事内容

ここからは、認定看護管理者として、転職に成功した私からのアドバイスをお伝えしていきます。

私は看護師という仕事にとくに強い思いがあり、看護師になって以来、ずっとどうせやるなら上を目指したいという気持ちでいました。現場での仕事も好きでしたが、どうせなら教えたり管理したりする立場に周りたいと考え、一度退職したのち、大学でカリキュラムを終えてから、転職をするに至りました。

現在は総合病院の小児科で師長をしていますが、毎日ハードな仕事ながら、とてもやりがいを感じています。
看護師をまとめるということは、当然責任者という立場にありますので何かあったときの責任は自分にあるというプレッシャーも感じますが、スタッフみんなが気持ちよく働けるよう、日々頭と体を総動員して考えています。

転職に関してですが、認定看護管理者としての転職は、かなりの狭き門であることに違いはありません。認定看護管理者になるための努力もそうですが、なによりなった後の大変さもあります。

とはいえ、給与面での見返りもありますし、看護師という仕事が好きならやりがいも感じられると思います。

師長から師長への転職であれば、求人サイトで管理職の募集を必死で探す努力が必要ですし、看護師から目指すのであれば、現場の経験と資格取得のための努力は必須です。

そして、自分はこうなりたい、こういう転職がしたいという気持ちがあれば、きっと望んでいる転職は可能です。私は看護師になった当時、ここまで看護師を続けるとは思っていなかったですし、やっぱり就職や転職、そしてキャリアアップしたいという意志は大切なんだなと感じます。アドバイスと呼べるものではありませんが、将来の自分のために、良い転職先を探してみて下さいね。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング